宮崎勤事件―塗り潰されたシナリオ

著者 :
  • 新潮社
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (313ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104128044

作品紹介・あらすじ

事件の背後には、警察も公表をためらい、裁判にも提出されなかった恐るべき真実があった。捜査資料と精神鑑定書の再検討、関係者への追加取材で浮かび上がる見落とされた矛盾。新たに発覚した宮崎自身の手になる驚くべきストーリー…。既存の報道と精神病論争を覆し、闇に葬られた戦慄の「筋書き」を浮かび上がらせる渾身のノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 事件におけるマスコミ報道のあり方、事実とはおそらく異なる法廷の真実とは?

全1件中 1 - 1件を表示

宮崎勤事件―塗り潰されたシナリオのその他の作品

一橋文哉の作品

ツイートする