嬉遊曲、鳴りやまず―斎藤秀雄の生涯

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (3)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (363ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104130016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『齋藤孝のおすすめブックナビ 絶対感動本50』より
    天才的な音楽教育者・斎藤秀雄の生涯を描く評伝。

    父・斎藤秀三郎は明治時代を代表する英語学者。
    彼の編んだ『熟語本位 英和中辞典』は今も売られている。

    この辞書は翻訳者を目指している頃、翻訳家・柳瀬尚樹さんが強力に薦めていたので買い、今も手元にある。文語だが読んでいて楽しい辞書だ。

    秀雄の指導法は父の影響を受けていたと思われる。
    不思議なご縁を感じるので読んでみよう。

  •  文句なしの傑作評伝。日本エッセイストクラブ賞を受賞しているが、本書の内容は賞を軽々と凌駕している。130人のインタビューと資料だけでは、ここまで書けない。中丸美繪は恐ろしいほどの執念で斎藤秀雄という人物を知ろうと奮闘努力したはずだ。それは多分、“求道”の名に値するほどの作業だったに違いない。そうでもなければ、これほどの作品が生まれるわけがないのだ。

     <a href="http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20090330/p1" target="_blank">http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20090330/p1</a>

全3件中 1 - 3件を表示

嬉遊曲、鳴りやまず―斎藤秀雄の生涯のその他の作品

中丸美繪の作品

ツイートする