ホッキョクグマ

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (10)
  • (2)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104148042

作品紹介・あらすじ

地上最大の肉食獣であるホッキョクグマは、とにかく大きい。そして美しい。カナダ・ハドソン湾西岸、極北のツンドラで捉えた、野生の輝き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015/09/05

  • 資料番号:010569333
    請求記号:489.5イ

  • 「毛は透明でストローのように中が空洞になっている。」岩合さんと一緒にホッキョクグマを追っているかのような写真と現地にいたならではの簡潔で臨場感のあるコメントつき。ぷらすホッキョクグマの豆知識が身につく。

  • 温暖化に思いを馳せます。

  • 非常に愛らしい写真が多数.
    カメラを持つ著者と心が通じ合っているかのよう.

  • 車を覗き込んできた、ホッキョクグマの至近距離の写真がいい。
    厳しい環境で必死に生きてる姿は何ていとおしく、いじらしく見えるんだろう。

    クマに「おまえを食いたい」という顔をされても、
    かわいいと思ってしまう岩合さんだから
    みんな岩合さんの写真が好きなんだと思う。

  • 気候変動、地球温暖化の進行によって、絶滅危惧種に指定されているホッキョクグマ。動物写真家=岩合光昭氏が、 カナダのハドソン湾西岸、極北の大地で暮らすホッキョクグマを1年余りの月日をかけて撮影した写真集。
    むくむくの白い毛皮に包まれた、つぶらな瞳のホッキョクグマの子どもは何とも愛くるしい。お花畑で遊ぶホッキョクグマは、岩合さんならではのショット。

  • 写真もいいのですが、
    岩合さんのコメントもいちいち良いです。

    『ホッキョクグマは威嚇をしない』

    というコメントが、とても印象的でした。

  • かわいい…。

  • 岩合氏の写真の中で、私は特に北極熊が好き。なので迷わず購入。想像以上に素晴らしい。世の中には「可愛いだけ」の動物写真が多いけれど、岩合氏の写真は「生」を感じさせてくれます。

全14件中 1 - 10件を表示

岩合光昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする