免疫学個人授業

  • 新潮社 (1997年11月発売)
3.43
  • (3)
  • (3)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104161027

免疫学個人授業の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 脳のシステムも免疫システムも、何かの目的のためにあるというよりは、自己目的化している(超システム)。免疫が人を守ることもあるし、免疫によってアレルギーなどの症状が出ることもある。

  • すらすら読めますが、スカスカな編集です。
    先生、生徒ともに人選に瑕疵はないので、
    編集者の失敗だと思います。

  • (1997.12.15読了)(1997.12.13購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    病気の原因になる細菌が体内に侵入すると、体はそれらを攻撃する抗体を作る。そのしくみを利用したのが、ジェンナーの種痘。研究者達の奮闘はその後も続くが、やがて素朴な疑問にぶつかる。自分と他人はどうやって区別するのか?そもそも自分とは何か?免疫学の歴史、研究室でやっているコト、そしてエイズ治療など最先端の研究をやさしく楽しく勉強できる、人気シリーズ第2弾。

    ☆関連図書(既読)
    「免疫の意味論」多田富雄著、青土社、1993.04.30
    「生命の意味論」多田富雄著、新潮社、1997.02.25

  • 多田先生の免疫の意味論、なんか面白かったけど、何がどうなのか自分で説明できない。そうそう、そーなの。南伸坊さんがわかりやすく、楽しく噛み砕いてくれる。面白かった。多田先生もよかった。

  • 個人授業シリーズ第二弾。
    故多田富雄先生の語り口が生き生きと伝わってくる。

全5件中 1 - 5件を表示

免疫学個人授業のその他の作品

多田富雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
多田 富雄
多田 富雄
多田 富雄
養老 孟司
岡田 節人
伊坂 幸太郎
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

免疫学個人授業はこんな本です

ツイートする