幸福な質問

  • 新潮社
4.01
  • (110)
  • (49)
  • (87)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 516
レビュー : 84
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104163014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 愛されるってこんな何気無いやり取りから感じられるものでいいんだよね、きっと。と思わせてくれる。彼がこんなユーモアを言ってくれたら超ハッピーだけど、私は子どもにこんな風に優しい言葉で愛を配れたらなと思う。

  • とっても可愛い絵本でした♪タイトル通り、まさに幸福な質問!彼女が「もし○○だったらどうする?」って彼氏にいろいろ質問します!その都度、彼氏が優しく彼女のことが大好きな気持ちをさり気なくこめて返答してくれるんです♪とっても可愛い2人のやり取りにほっこりします♡読んでいるこちらの方も幸せな気持ちになってきます★そして感動してウルウルもしちゃいました。シンプルで短い絵本ですが、とても愛情に溢れていて素敵♡プレゼントにも最適ですね!大好きな人を大切にしようって思えるような作品♪可愛くて癒されました☆お気に入り♡

  • この女の子(犬)、自分にソックリだ‼笑

    質問攻めにしちゃっても、優しく答えてくれる彼にキュン。
    好きだから、心配になっちゃう気持ち、よくわかる。

    何にもこわくないね。
    何にもこわくないよ。

  • 外国の作品みたい

  • とにかく
    彼犬さんの回答がどれも大正解すぎて…!

    こんなふうに
    面倒くさがらずに
    優しく愛のある答えをしてくれる人がいたら
    おしゃべりが
    とまらないだろうなぁ

    会話として
    とても楽しいと思う

  • 甘いな〜〜

  • おーなりさんの絵本2冊目です。読んでほっこりとして、胸キュンしました。旦那に読ませたいです(*^^*)

  • 恋愛の本を読んだ時、『こんな事を言ってくれる人がいいなぁ』と理想を追い求めながらキュンキュンしていたのが過去。恋愛の本を読んだ時、実際にこんな人と出会ってしまってその完成度を実感しているのが現在。恋愛の本を読んだ時、この先もこの幸せがずっと続くと感じて嬉しくなるのが未来。

  • そこはかとなくほっこりに包まれる、胸がきゅんとなるステキな一冊。
    オス犬とメス犬(という名称では色気がないが)のあったかいやりとり。
    「もしもわたしが~だったら?~」と、他愛のない質問をなげかけては、愛おしさに溢れた返事をする繰り返し。
    それがたまらなく優しくて、愛する誰かと一緒にいることの貴さにホロっとくる、癒しの本。

  • わたしにとってはちょっとこそばゆいけど、友人の結婚祝いにプレゼントした本。

    ほんとはでもきっとちょっと羨ましい。

全84件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

おーなり 由子(おーなり ゆうこ)
1965年、大阪府生まれの絵本作家、漫画家。女性。夫は絵本作家のはたこうしろう。
1982年『りぼんオリジナル』に「路地裏の風景」を掲載し、漫画家としてデビュー。1985年に初短編集『秋のまばたき』に続いて、1987年『六月歯医者』、1988年『グリーンブックス』、1990年『ともだちパズル』の計4冊の漫画作品を発表。
『天使のみつけかた』以降は絵本・挿絵を中心に活動しており、『だんだんおかあさんになっていく』などの作品を刊行している。

おーなり由子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
おーなり 由子
おーなり 由子
シェル・シルヴァ...
おーなり 由子
有効な右矢印 無効な右矢印

幸福な質問を本棚に登録しているひと

ツイートする