数学 数学脳をつくる ― [よのなか]教科書

  • 新潮社
3.55
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104202065

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 8つの中で半分くらいしかわからんかった。、

  • 分析したいことがらの本質はなにか、を判断し、本質を変えないような変形で問題を簡単な形にもっていくのが数学の作業。
    本質を見抜くために抽象化する技術とは他でもない、捨てる技術。
    ややこしい問題を考えるときは、まず簡単な時限にさげてみること。
    数学的に近似する技術は、言語的には比ゆする技術。
    数学的な思考技術の真髄を、本質を見抜く力としているが、それは同時に未来を見抜く力でもある。

  • 「仲間かどうかは視点をを変えれば変化する」→「物事を多角的に眺める技術は、問題を解決する場合にも、新しい商品を開発する場合にも役立つ」というように、数学的な考え方が社会生活にどう関係しているかを紹介。とても面白い!特に社会人におすすめ!

全4件中 1 - 4件を表示

岡部恒治の作品

ツイートする