鷹姫さま お鳥見女房

著者 :
  • 新潮社
3.59
  • (6)
  • (13)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104235087

作品紹介・あらすじ

妻としか分かち合えない苦しみと痛みがある-。将軍家の鷹狩りを司り、裏で諸藩の不穏な動きを探るお鳥見役。二年余も家をあける苛酷な務めは夫の心に暗い影を残した。長男に持ち上がった縁談、ままならぬ次女の恋模様、父の知られざる過去…。妻として母として女として珠世の気苦労は深く重い。家庭のぬくもりにひたる大好評シリーズ第三弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白くなってきた。久太郎と鷹姫さまが気になるねぇぇ。

  • 諸田玲子のお鳥見女房シリーズを全部読んでやろうかと とりあいず図書館に残っているのを借りてきた 第三巻めらしい この間最新出た来春までのを借りてきて読んだばかりだ えへへ
    二番娘君江が菅沼家に嫁ぐまでのお話 珠世が断然光っているね やはり女性作家の江戸物はなんか 暖かいね

  • シリーズ3

  • 珠代のえくぼは値千金。良妻賢母の鏡。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/8383784.html

  • 珠世をとりまく人々がいきいきと描かれています。
    楽しく読み終えました。

  • 『お鳥見女房シリーズの第3弾です。行方不明の夫は帰って来たものの、心に傷を負ったまま。息子も娘もそれぞれ恋に悩む季節。珠世は持ち前の笑顔で、身のまわりで起こる数々の事件を乗り越えてゆきます。』
     諸田玲子さんのHPからの引用です。

     新しい登場人物が出てきて、ますますにぎやか及び小さな出来事がたくさん出てくる本です。

     どの人物も、一癖二癖ありながらも魅力的な動きをしてくれます。ここまでくると、もう読むのをとめられなくなってしまいますね~♪

  • 読了 2009年 1月 (借:大村市民図書館)

  • 図書館で借りてきた。2008年10月25日読了。
    久太郎と鷹姫こと和知恵似との今後の関係が気になる。
    水野忠邦が失脚した後はどうなるのだろう。

  • シリーズ3作目

全9件中 1 - 9件を表示

鷹姫さま お鳥見女房のその他の作品

諸田玲子の作品

ツイートする