巣立ち お鳥見女房

著者 :
  • 新潮社
3.78
  • (10)
  • (14)
  • (16)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 75
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104235117

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久右衛門さんが最期まで立派でした。もう少し恵以とのやり取りを見たかったな…
    読み終えて改めて巣立ちというタイトルを見るといろいろ感慨深いものが。

  • 多門が生まれたと思ったら久右衛門が死んでしまった。最後に大仕事が出来て良かったねぇぇぇ。

  • 珠世さんの心が揺らぐ。

    久右衛門さんの最後。

  • これはおじいさまが主役ですね。

  • 「巣立ち」が一番好き。
    恵以と石頭のじじいがお互いぷりぷりしているのが面白かったし、和知様の周りに対する配慮や寛大な心、親心が切なかった。

    いいコンビだと思った。
    もう少し二人のやり取り見たかった。

  • シリーズ5

  • 末広がりの家族に見送られた久右衛門は幸せであろう。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/9763427.html

  • ご隠居は、小袖と共に眠っています。
    急な展開で、あっれという感じ。

  • 熱海駅前の本屋で買った。やはり期待を裏切らない面白さ。単なる人情味だけでなく、登場人物の成長がしっかり書かれてるのが良い。雪ちゃんが絵馬を流してしまって、男の子に八つ当たりする描写が泣けた。

  • 最後に収録されてる話。

    えー!!

    って思わず声出しちゃいました。

全14件中 1 - 10件を表示

巣立ち お鳥見女房のその他の作品

諸田玲子の作品

ツイートする