宴の夏 鏡の冬

著者 :
  • 新潮社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104255016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 短編集。人間は過ちをおかすもので、それを隠そうとしたり忘れようとしたり気づかず過ごしていたりしながら過ごしているのかな、と改めて思う。
    行為としては違っていても、きっかけとなった気持ちには思い当たる部分がある。
    誰でも持っている他愛もない気持ちから、一歩間違ってたら犯罪者になったのかなと思うと、そのぎりぎりぶりに背筋が寒くなる。

全1件中 1 - 1件を表示

香納諒一の作品

ツイートする