仙人の壺

著者 :
  • 新潮社
3.95
  • (6)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104278015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 中国の短い奇譚の漫画化。
    オチとかがほとんどない、「キョトン」と
    するような話が多い

    怖いというより、不思議系。

    ドッペルゲンガーの話とか。

    諸星大二郎の中国もののちょっと似た雰囲気。

  • 漫画のせいか、本家の志怪ものより読みやすく、飽きが来ないです。不思議な気分になれます。

  • 夏目房之介先生も言ってたが、多分この本のえっちなおばさんのやつが、仮に支那で絵になってゐた場合、その本家のやつを、南伸坊先生が仮にまねっこをしたとしても、南先生の描くやつの方がエロいと思はれる。
     それでかつ、本家のぽやんとした感じが、きちんと出てゐる、大変面白い短編。大好き。

  • 中国の昔話は、あまりにそっけなく起承転結もなく短く、それでいて「何?」と深い味わいがある。
    セックス場面も細ッこい色気なしのからみが肉っぽくない深遠な艶を帯びてくる。南大人はそんな風情をさらに飄々とした描画でさらりと受け流す。
    いいな!!いいな!! 大好きさ。こんな詩画集。

  • 271

  • 2008.01.22. いいよー!これは妙味、1度知ったらやめられない変な味。中国の怪談(のような変な話)を漫画にして、その後にチロッとエッセイを書いてるんだけど、肩の力が抜ける抜ける。でも、1人真夜中に思い出しちゃうとソロリと怖い。不思議。

全7件中 1 - 7件を表示

仙人の壺のその他の作品

南伸坊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする