冬虫夏草

著者 :
  • 新潮社
4.07
  • (191)
  • (211)
  • (127)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 1874
レビュー : 249
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104299096

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 続・家守綺譚。
    凄く楽しみにしていたはずなのにすっかり忘れていて、自分の本棚のレビューを見て図書館に行ったという・・・。
    うーん、前作が家の中、およびほぼ生活圏内での話だったのに対して、近作はゴローを探しつつ旅先での不思議話。
    面白くはあるけど、フィールドが広くなった分不思議イメージも広くて物語に入りにくかった。
    個人的には、旅に出たからには家に帰るまでの物語であって欲しかったけど、ゴローとの再会で終焉なのも少し残念。
    期待が高かった分、残念感が強く残ってしまったかな。

  • 登場人物の周りへの分け隔てない思いやりがあふれる話。
    ラストの綿貫が語りかけるセリフにぐっとくる。

  • 家守綺譚の続編。前回のほうがやさしい語り口で好きだった。
    何だろ・・・地名と知らない名称が多すぎるのかな?(いや、そういった方面の本も好きだしなあ)・・・短編なところも好物なんだけど、何か途中でちょっと中だるみしました。頑張って読み通しましたけど。

    最後の3Pが好き。ここ読んで、あー最後まで読んで良かったと思いました。うるっときたよ。
    でも、じゃあ次に続編が出たら読むかどうかは、ちょっと微妙かなあ・・・。

  • 様々事情はあるものの、途中挫折。。。
    積読になってしまいました。
    前作はすいすい読めたのだけど。

  • 前作同様、不思議で優しい感覚がすてきです。
    いずれ家守綺譚から読み直したいと思う。

  • はじめは好きなんだけど、たぶん梨木さんが一番好きなんだろうなという部分が入り込んでくると壮大というか大きくなりすぎて若干ついていけない

  • あれから数年、相変わらずゴローと家守をする綿貫くんのお話です。ゴローを捜して、伊吹山の方面に向かうので、だいたい滋賀が舞台です。滋賀県贔屓の私には嬉しい展開ですね。ただ、前回は思い出したように書き継がれた手記が、ゴロー捜索譚となり時間が連続したり、目的ができてしまったこと、サルスベリや隣のおばさんの出番がないことなどで印象が随分違いました。まあ、この手の話は朧げな感じが好みです。

  • 前半は、前作「家守綺譚」でのちょっと不思議な明治の世界観をそのまま味わえる。
    後半は主人公の綿貫が愛犬ゴローを探しに、家を飛び出し鈴鹿の山を目指して旅をするのがメインに。

    短編連作だが、後半は特に、前後の話との関連も強く、キクさんのくだりでは思わず涙ぐんでしまった。文体めいた言葉や最近ではあまり使われなくなった言い回しがあったりと、やや難しい文章も多い。それなのに、読んでいると目の前にその風景がありありと浮かんでくる。

    最後は賛否両論ありそうだが、私は好きだ。一見あっさりにみえて、じわりと深い感慨を呼び起こす。

    やはりこのシリーズは大好きだ、手元において何回でも読み返したい、と改めて思う。

  • 佳作。

  • 相谷の場面が好き。
    イワナのことを当たり前に語る源助さんたちと、郷に従おうとする綿貫の様子が、なんとも可笑しみがあってよかった。

全249件中 111 - 120件を表示

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

梨木香歩の作品

ツイートする