冬虫夏草

著者 :
  • 新潮社
4.07
  • (191)
  • (211)
  • (127)
  • (9)
  • (2)
本棚登録 : 1874
レビュー : 249
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104299096

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『家守綺譚』の続編。
    前作の人と人ならぬものが共存する不思議な世界が好きだったので期待して読みました。

    主人公の飼い犬ゴローが行方不明になり鈴鹿の山々を探すのがメインの物語でした。河童や人の姿をしたイワナと言った人ならぬものに出会ったり、山中の村の人達と交流したりと色々ありましたが植物のタイトルが付いたどの話も良い話でした。若くしてお産で亡くなった娘が出てくる話が印象に残りました。

    山童のおやどに泊まってみたいです。

  • 家守奇譚の続編的な。

    ゴローを探しに主人公が旅に出ます。
    そこで出会う人々や風景が昔の古き良き日本を
    彷彿とさせて、懐かしいような愛しいような気持ちに
    させてくれます。里山に行きたくなる。

    相変わらずの不思議ワールドも
    満載です。

  • …昨日の雨はこの青を連れてきたのかと合点する。

    "露草"の章を閉じる、この文章を含む最後の4行。
    雨上がりの朝、このように表現できたら、素晴らしい一日を過ごせる気がする。久しく感じてなかった心に響くフレーズ。日々ただ流されていくのも、何かが移り変わっていくこと。同じようであっても、決して繰り返されない。与えられた生のなかで、変えるべきところは無数にあるはず。そう、気づいていれば、迷うことはないのだけれど。

  • 2014 3/11

  • 綿貫君が余りに自然体で植物や生き物(生きていない者も)を愛でるため、相手もつい心を許してくるのか・・・。二話目でダァリヤが登場した為、おっ、今回は少しそちらの話もあるのかなと読み進めたら、相手はいつのまにか男気あふれるゴローさんに。本人(?)は出てこず周りが語るゴローさんの男前なこと。出てくる人・モノ、皆いい味だしています。(蝦蟇やイシガメまで)読了後やさしい気分になる素敵な本です。

  • 「家守奇譚」の続編てことで楽しみにちょっとずつ読んだ。綿貫君の旅路は不思議で不気味で綺麗で憧れる。語り口はけっこう軽妙で笑える部分が多いんだけど、ゴローとの再会シーンはぐっとくる。綿貫君のよくわからないものをふわっと受け止める姿は素敵デス。

  •  『家守綺譚』の続編だということでついつい購入してしまった……。

     前作は、綿貫君の家の周りで起こる不思議な出来事が中心だったけれど、今回は綿貫君がゴローを捜すため外へ出て、そこの不思議を体感していく、架空の紀行文みたいなおはなし。
     前作のように狭い範囲をゆるっと徘徊するような話もよかったけど、綿貫君が違う土地で出会う普通の人々の暮らしを見ていく様子は、彼の世界がひとつ広がったような感じがして心地よかった。それと同時に、こういう素朴であたたかな人々の生活は、もう今の日本にはどこにも存在しないな、と思って、一抹の寂しさを覚えた。

     最後のゴローとの出会いがなんとも感動的。
    「家へ、帰るぞ。」という言葉は、一見何でもないように見えて、とてもすてきな言葉だと思う。帰る家と、そこに連れ立って帰ることができる家族がいる、という何気ない幸せが、この短い言葉にぎゅっとつまっている。

  • 「家守綺譚」の続編。
    まさか続編が出ると思っていなかったのでとても嬉しかった。一気に読むのが勿体無くて一編一編じっくり読んでいたのをとうとう読了してしまった。
    今回の綿貫君は、ゴローたずねて三千里(笑)鈴鹿の山々の清涼な空気や瑞々しい自然の描写に心が洗われる気がします。この心地よい感じ、好きだなぁとしみじみ。非日常をあっさりと受け入れる淡々とした語りには思わず笑ってしまう。それにしてもゴローさんの人格者(犬格者?)っぷりよ。ラストシーンはほろりと来てしまった。あと、若くして亡くなった妊婦の幽霊を前に綿貫君が涙を流すシーンが印象的でした。
    読み終わった後ももっとこの世界観に浸っていたいと思える本です。手元に置いて何度でも読み返したい。「家守」の方もまた読み直そう。
    装丁もとても可愛い。「家守」の方は文庫版を持っているのですが、ハードカバーで揃えたくなってしまいます。

  • やっぱりいいですねえ、梨木香歩。
    「家守奇譚」「村田エフェンディ滞土録」につながる本作はより梨木さんの思いが書かれた本だと思います。
    季節の移ろいに重ねた暮らし方、人も人でないものも自然な交わりの中で暮らしていく・・・
    最後にゴローが必死で走ってくる姿が目に浮かび、うるうるきました。

  • 『家守奇譚』(http://booklog.jp/users/junjinnyan/archives/1/4101253374)の続編。
    雰囲気が漱石の「心」や「百鬼夜行抄」そのもの!すごく好き。以前読んだ梨木さんのエッセイで感じた、梨木さんの他者との関わり方だとか、日本語に対する思いだとかが物語の中に織り込まれていて、あたたかい気持ちになりました。物語を読むというより、世界観にひたりたい本。

全249件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

梨木 香歩(なしき かほ)
1959年、鹿児島県生まれの小説家、児童文学作家、絵本作家。
『西の魔女が死んだ』で日本児童文学者協会新人賞を受賞。映画化もされたこの受賞作が最も著名な代表作となる。
ほかに新美南吉児童文学賞、小学館文学賞を、『裏庭』で児童文学ファンタジー大賞、『渡りの足跡』で読売文学賞随筆・紀行部門をそれぞれ受賞。
受賞作以外の代表作として、『家守綺譚』、『沼地のある森を抜けて』、『ぐるりのこと』などがある。

梨木香歩の作品

ツイートする