パチリの人

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104349012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 伊藤礼の囲碁随筆(題名だけみてカメラ随筆と勘違いしていた)。何の実用性もない、ひたすら楽しみのための読書ができた。新刊書店にない、ひとに勧められたのでもない本を読んでおもしろかったときのうれしさ。みんなで感想を言い合うのが楽しいときもあるけれど、自分ひとりでくすっとしながら読む楽しさ。

    自分は囲碁はわからない。伊藤礼の、囲碁を通じた友情とか人物描写とか、個人の葛藤についての書き方がおもしろいんだと思う。

    伊藤礼が埴谷雄高のヘボ碁に思いをはせる話と、大学のセミナーハウスを借りてやる囲碁合宿の話が特によかった。

  • 読み終わってしまった。囲碁に興味はなかったが、『こぐこぐ自転車』などがおもしろいと友人から聞き、では、読んでみようと思ってなぜか囲碁エッセイの方を読んでしまった。

    読んでいると伊藤先生はちょこちょこ病気もしているが、しかし、囲碁は続いていく。なんといっても、負けても勝ってもおもしろみのある文体がいい。

    このあと、自転車にはまるのか。と思うと、ますます気になる。

    チェスに興味をもってちょっと勉強していたのだが、囲碁も気になってきた。

  • 筆者の囲碁にまつわるエピソードを書いたエッセイ集。肩肘張らずに気楽に読める。

全4件中 1 - 4件を表示

伊藤礼の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×