むこうだんばら亭

著者 :
  • 新潮社
3.63
  • (5)
  • (4)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104393022

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 利根川の河口にある漁師町・銚子。激しい「だんばら波」が押し寄せる江戸時代の銚子を舞台として、荒くれ漁師たち、そして女郎屋の女たち。不幸な女たちの人生があまりにも救いが無い世界に思え、著者の作品にしては暗さばかりが目立ちました。奈落の底に落ちていく女たちに希望を与えて欲しいと思いました。

  • 人のあがく様に肯定的な乙川氏の作品は、読み終えるその都度ため息を漏らさずに居れない。

    『行き暮れて』『希望』『古い風』の終わり方に、それぞれ身をひさいで生きるしかない女性の
    行く先を案じてしまうのだが、彼女らの逞しさ故にか後味の悪さは殆ど残らない。
    また『散り花』の少女すがには哀れみを寄せ付けない凄み、
    『磯笛』の悪い予感しか残さない幕切れには老いた漁夫の情が胸に迫る。
    本書の中では特にこの二作がお気に入りである。
    そして『果ての海』では、かのの述懐に女の本当の強さという点に同性として非常に考えさせられた。

  • 読み終わるのがもったいなくて、少しずつ読んだ。
    これをおじさんが書いたってことが信じられないくらい女の人の描き方が良い。
    強さも弱さも限られた生き方も、その中で生きるしたたかさも。

  • 銚子という漁港を舞台に江戸を流れた女性の悲しい人生を切々と語る傑作

  • ひとの苦悩と明かりを描いた作品(未読)

  • 泣けた。地に足のついた人生。

全6件中 1 - 6件を表示

むこうだんばら亭のその他の作品

乙川優三郎の作品

ツイートする