トワイライト・シャッフル

著者 :
  • 新潮社
3.40
  • (5)
  • (18)
  • (16)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 124
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104393060

作品紹介・あらすじ

歓楽の灯りが海辺を染める頃、ありえたかもしれない自分を想う。『脊梁山脈』で「戦後」を描き、大佛賞に輝いた著者の「現代」小説。宝石のような時間もあった。窮屈な現実にも追われた。まだ思い出に生きる齢でもないが、やり直せないところまで来てしまったのか。房総半島の街で自己を見失いかけ、時に夢を見、あがく、元海女、落魄したジャズピアニスト、旅行者、女性郵便配達人、異国の女……「これぞ短篇」「珠玉」としか言いようのない滋味あふれる13篇。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 縺ゥ縺ョ遏ュ邱ィ縺ォ繧ゅ?∝、匁袷縺ョ蟆上&縺ェ陦励′蜃コ縺ヲ縺上k縺代←縲√☆縺ケ縺ヲ縺ョ蜃コ譚・莠九′縺昴%縺ァ襍キ縺阪k繧上¢縺ァ繧ゅ↑縺上?√◎繧後◇繧?0p遞句コヲ縺?縺代←豼?ッ?↑縺励▲縺ィ繧翫→縺励◆迚ゥ隱槭?
    縺。縺ェ縺ソ縺ォ縲∫匳蝣エ莠コ迚ゥ縺ッ縺ィ縺?≧縺ィ縲∝シ暮??縺励◆2莠コ縺ョ閠∵オキ螂ウ縲∵律譛ャ莠コ縺ョ螟ォ繧偵↑縺上@縺溘う繧ョ繝ェ繧ケ莠コ縲∽クュ蝗ス縺ォ蜊倩コォ襍エ莉サ縺励◆螟ォ縺ョ蟶ー繧翫r邨ゅ?譽イ螳カ縺ァ迢ャ繧雁セ?▽螯サ縲∬誠鬲??繧ク繝」繧コ繝サ繝斐い繝九せ繝医?∽コ。縺上↑縺」縺滉ス懷ョカ縺ョ莨ッ豈阪′驕コ縺励※縺上l縺溷挨闕倥r蜷梧」イ逶ク謇九→隕九↓陦後¥蟋ェ縺」蟄舌?∫?蟷エ髮「蟀壹@縺溽峩蠕後↓逋後′隕九▽縺九▲縺ヲ蜈・髯「縺励※縺?k螂ウ諤ァ縲√◎繧後◇繧碁未菫ゅr貂?ョ励@縺ヲ關ス縺。蜷医▲縺溽塙縺ィ螂ウ縲∫オオ縺ョ繝「繝?Ν繧偵d繧九%縺ィ縺ォ縺ェ縺」縺滄Ψ萓ソ驟埼#縺ョ螂ウ諤ァ縲∝ケエ縺ォ荳?蠎ヲ豬キ霎コ縺ァ荳?譌・繧帝℃縺斐☆逕キ螂ウ縲∝屁蟷エ蜑阪↓螟ォ縺瑚頂逋コ縺励◆螂ウ諤ァ縲∫塙諤ァ縺ョ髮「蟀壹′謌千ォ九@縺ヲ隕ェ蟄蝉ク我ココ縺ィ縺ェ縺」縺ヲ遘サ繧贋ス上s縺ァ縺阪◆螂ウ諤ァ縲∝ヲサ繧よ戟縺。螳カ繧ゅ↑縺丞ロ縺咲カ壹¢縺ヲ縺阪◆蟾・蜍吝コ励?遉セ髟キ縲∝霧讌ュ驛ィ髟キ縺ィ繝ェ繧ェ蜃コ霄ォ縺ョ遉セ髟キ遘俶嶌縺」縺ヲ縺ェ諢溘§縺ァ螟壼イ舌↓繧上◆縺」縺ヲ縺翫j縺セ縺吶?

  • 老いた海女、亡き夫を偲び続ける未亡人、落魄のピアニスト・・・外房の小さな漁港の町を舞台に、人生の半ばを過ぎて来し方を振り返り、行く末を案じ、何かを見つけあるいは何かに別れを告げようとしている男と女の13の物語。

    「ロゴスの市」でも舞台であった外房の町。太平洋を見渡す解放感のあるロケーションにありながら、登場人物たちは一様に今の生活に閉塞感を感じている。
    海沿いに立つホテルやジャスを聞かせるバーというシチュエーションが海外小説を読んでいるかのような空気感を醸し出す。廃れた漁港の町の高台にできたアメリカ西海岸を彷彿とさせる別荘地の庭造り一つをとってもそれぞれの人生が投影される。女たちは潔く、男たちはどこか未練がましい。

    乙川さんの文体が好きだ。さらりと乾いた風のようにどこか遠くへと誘ってくれる。だからこそ、暗く、重い状況にある登場人物たちを描いていてもじめじめとしない。
    人生の終焉を迎えた女たちのそれぞれの決着のつけ方に自分の未来を重ね合わせ、しんとした気持ちで読み終えた。

  • 千葉県房総半島を舞台にした、綺麗に言えば大人の、悪く言えば年配者の生き方を描いた短編13掌を収録。
    作品ごとに出来不出来の差も激しく、例えば表題作なんかは「なんで表題に?」っと思うくらい凡庸なのだが、何篇かはすごくいい深い小説になっている。作者特有のキザな表現が上っ面か深みを増すか、どっちに作用するかが出来不出来の指標になっている感じ。

    冒頭作の海女さんの話、造園業者の話、休みを読書で過ごす女性の話、最後に収録された社長秘書の話…あたりは雰囲気印象も良くて、短編読みの醍醐味を堪能できた。

    男ってのはなんとも情けないなぁと思う短編多し。乙川さんの筆にかかるからなのかも知れないが…いや、自分を振り返っても、情けないことがどこか根底にあるのが、一つの男の特徴なのかも知れない。

  • 作者は時代ものから、現代恋愛ものに切り替えたが、私は成功したとは思えない。少し理屈っぽい。

  • 短編集。大人の男と女のあれこれ。バーでお酒を片手に語られているような、濃密な夜の雰囲気。どんな話だったかすでにほとんど覚えていないけど、読んでいる時は文章が綺麗で引き込まれた。静かな余韻が心地よい。

  • 最初の話が良かったなぁ。人生って年を取っても戦うって気力が大事やなと思った。
    そこで終わるの?っていう話もあって、余韻を感じたい部分もあった。まぁ、人生ってことについて考えさせるな。

  • ある者は夫のいない時間に「知らずにすんだかもしれない凡庸な人生」を目にし、またある者は「熱く生きて死ぬだけ」という当初の信条が急速にしぼみ、年々小さくなる自らの器を嘆く。「やり直せないところまで生きてしまった」と薄く笑う男や、休日は読書にひたすら没頭することで重たい現実を軽くし、生きている空間を色づかせる女など。房総半島のある小さな街を舞台にした連作で、いずれの短編も、奔放な夢や希望に満ちた足どりが、たそがれには目の前の地面だけを見つめ、その影に年齢以上の歳を感じるような重々しい歩みに変わるようで切ない。

    乙川の端正で簡潔な文体は相変わらずで、中には一段落ですべてを了解させる短編もある。「ひとりの失業者となった今も威風にこだわり、見栄を張る男は頼り甲斐のない夫に堕ちてしまったらしい。失った肩書きに代わるものを欲しているとしても、海辺の小さな街にそんなものは落ちていない。あと十年の人生かもしれないというときになって方向感覚を失い、足下を見つめ直すこともしない。そうして干涸らびてゆく男のために女は食事を作り、掃除をし、草取りをし、買物にゆき、隣人に無愛想を詫び、好きでもないロードスターを運転する」たまらないな。

    心に残った文をいくつか。「剥き出しのコンクリートは生活音を跳ね返して、かわりに柔和な感情まで冷やしてしまう」「夏がゆき、海の色の深くなるころ、馬渕光一の絵が完成して、宵のアトリエの空気を優しいものにした」「都会の夜の街にはそんな関係がどろどろしていて、痛みを伴う密やかな恋愛や不埒なりに抑制した情といったものはどこかへ追いやられてしまった。そこでは美しい嘘もつけない」「彼らの愉しみは優雅な旅行を語り、進行中の充足を美化することで、未亡人の過去を知ることではなかった。それはすぐに分かった」

  • 乙川さんの文体や作風が好きで、現代モノはどんな感じかとの興味から借りてみた。
    個人的な結論としては、あまり好みではなかった。
    好きなはずの文体も、ここでは逆に個性が薄く感じられてしまったのはなぜだろう。いつかどこかで目にしたような、とくに惹かれることもなく忘れてしまった誰かの作品を連想するような、そんな印象。美しい文章ではあるけれど、どれも好きとまでは思わずさらっと読み終えてしまった。

    買っただけで積読状態の時代モノがいくつもあるので、そちらの乙川さんに期待したい。

  • 短編集。乙川優三郎氏初読。
    最初の「イン・ザ・ムーンライト」は読んでいて磯の香りが漂うくらい映像的な文章で次の短編への期待値が上がった。
    かろうじて一番のお気に入りは「ビア・ジン・コーク」主人公女性の地に足が着いた生活ぶりが頼もしい。
    登場する女性全員が男や子どもに悩んでいる現在、悩まされた過去持ちみたいなのが、楽しくない。
    女の人生でそんなのはごくごく一部の汚れみたいなもの。そこをクローズアップするのが短編小説だろうけれど。
    そういった意味で「ムーンライター」「ミラー」は抑えめで良かった。
    しかしBAR→ホテルの流れの古典芸、若い人は受け継がないでほしい。

  •  文体の個性を愛せるかどうか。
     苦味の強い片岡(初期の)という感じ。
     ストーリーは、文体よりも、さらに苦味や酸味が強い。
     だから、素晴らしく、外文みたいな雰囲気が。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1953年東京都生れ。96年「藪燕」でオール讀物新人賞を受賞氏デビュー。97年「霧の橋」で時代小説大賞、2001年「五年の梅」で山本周五郎賞、02年「生きる」で直木三十五賞、04年「武家用心集」で中山義秀文学賞、13年初の現代小説「脊梁山脈」で大佛次郎賞を受賞。16年「太陽は気を失う」で芸術選奨文部科学大臣賞を、17年「ロゴスの市」で島清恋愛文学賞を受賞。著書に「トワイライト・シャッフル」「R.S.ヴィラセニョール」など。

「2018年 『ある日 失わずにすむもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トワイライト・シャッフルのその他の作品

乙川優三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
朝井 リョウ
乙川 優三郎
姫野 カオルコ
澤田 瞳子
森見 登美彦
奥田 英朗
ピエール ルメー...
池井戸 潤
西 加奈子
米澤 穂信
又吉 直樹
中村 文則
西 加奈子
いとう せいこう
長岡 弘樹
朝井 まかて
桜木 紫乃
塩田 武士
朝井 リョウ
横山 秀夫
辻村 深月
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

トワイライト・シャッフルを本棚に登録しているひと

ツイートする