ニシノユキヒコの恋と冒険

著者 :
  • 新潮社
3.46
  • (89)
  • (177)
  • (340)
  • (43)
  • (5)
本棚登録 : 1096
レビュー : 242
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104412037

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015年1月16日

  • 人を愛せない西野くん。付き合っても結局去られてしまう。夏美さんへのプレゼントが鈴ってなんて素敵なんだろう。動くたびに鳴る鈴の音。離れてもその音に呼ばれて戻れるような気がするから。そう思うのは私だけかな。

  • ひらがなの使い方が自然でいい。実はこんなの好きだ。

  • 連作短編10編。女性の目から見た西野幸彦の人生
    ニシノさん『パフェ』夏美とみなみ、死後のひと時
    西野君『草の中で』中学時代、山片さん
    ユキヒコ「おやすみ」上司で奇麗な真奈美さん
    幸彦『ドキドキしちゃう」大学時代カノコ
    西野くん『夏の終わりの王国」小説家例
    ニシノ『通天閣』昴とタマ
    ニシノくん「しんしん」同じマンションのエリ子さんとナウ
    ニシノくん「まりも」省エネ料理の会サユリさん
    西野さん「ぶどう」江ノ島の愛
    西野くん『好き銀体温計』土管の好きな御園さん
    呼び方がいろいろあって(同じのもあるけれど)、西野幸彦のその時の関係性が表れていて、まあ恋愛遍歴の時代が分かったりもするのが面白かった。

  • 映画は大事なところが抜けてたんだなということが判明。
    映画の後に原作という順番は正解だった。
    映画は原作を読む助けになった上に、原作の深みと切なさが。。

  • 基本的に、いわゆる、スケコマシの男性の話なのだけど、スケコマシ、としての名言がたくさん描かれています。
    西野さんは、○○(女性の名)のどこがいいの?と聞かれ、
    ああ、僕もそれを誰かにおしえてほしいんだよ、との返答。
    そんなこと言われたら、聞いた方が困ってしまう。

     決して、ギラギラとしたスケコマシ、ではありません。
    自然な、流れるような、爽やかなスケコマシです。
     さらに、自分が振る側には、決してならない。
    ならない、のか、なれない、のか、も微妙。
    女が放っておかない男、っていうのは、こういう人のことをいうのでしょうか?
    自分の周りにいないか考えてみたけれど、何度も考えてみたけれど、いないよなぁ…
    でも、いそうな気にさせてしまう、作者がすごいと思いました。

  • とらえどころのないニシノユキヒコ。いろんな女性が彼とつきあって彼のことを振り返るけれど、いったい彼はどんな人物だったんだろう。丁寧で礼儀正しく優しくて、いいとこばかりのように思えるのに、それでもつきあっているうちにきっとみんな寂しさに耐えられなくなるんだろうな。

  • おすすめいただいて読んでみました。
    図書館へレッツゴ〜

    最初のパフェーが川上弘美さん独特の世界がよく出てたなぁって思います。
    ニシノくん。私、あなたの気持ちがよくわかる。
    でも彼と付き合うと寂しいだろうなって思う。
    だけど・・・愛するって怖いよね。ホントよくわかる。
    ニシノくんの女の子版って、きっとなかなか受入れられないだろうな。
    男の子と女の子じゃ同じ事してても違うんだもんなぁ。
    ちょっと不公平。
    私も誰かを愛したいな。でも・・・愛ってなんだろ(笑)
    読みやすくてスラスラ読めちゃいました。

  • 映画の主役の俳優さんで脳内変換されているから、ステキに思える彼だけど、その情報なかったら、80ページ目あたりでハリタオサレロコノオヤジと思ってしまう。
    しかし、短編で読みやすいです。

  • 1人の男を数多くの女性がそれぞれの主観で語る物語。こういうオムニバス系の作り方は良くあるけれど、好きな方。人間の価値観、捉え方は一つじゃない事がじんわりと感じられる。

全242件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

川上弘美(かわかみ・ひろみ)
一九五八年東京都生まれ。一九九四年「神様」でパスカル短篇文学新人賞を受賞しデビュー。一九九六年「蛇を踏む」で芥川賞、一九九九年『神様』で紫式部文学賞、Bunkamuraドゥマゴ文学賞、二〇〇〇年『溺レる』で伊藤整文学賞、女流文学賞、二〇〇一年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、二〇〇七年『真鶴』で芸術選奨文部科学大臣賞、二〇一五年『水声』で読売文学賞、二〇一六年『大きな鳥にさらわれないよう』で泉鏡花文学賞を受賞。二〇一九年紫綬褒章受章。

「2019年 『掌篇歳時記 秋冬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ニシノユキヒコの恋と冒険のその他の作品

川上弘美の作品

ツイートする