ニシノユキヒコの恋と冒険

著者 :
  • 新潮社
3.46
  • (89)
  • (177)
  • (340)
  • (43)
  • (5)
本棚登録 : 1096
レビュー : 242
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104412037

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ニシノユキヒコにまつわる愛のはなし。
    もしくは、愛にまつわるニシノユキヒコのはなし。
    彼を愛したり、愛されたり、愛さなかったり。とにかく、愛だよ。
    甘ったれで、寂しがり屋で、どうしようもないけど、なんか、憎めない。
    なんか…、可愛い、かわいそう、ほっとけない、気になってしまう。
    そういう"なんか”の部分の感情が、実は重要なんじゃないか。
    ゆるい優しさにきちんと守られてるな、切ないけれど。よく眠れそう。

  • 平たんなお話

  • 最初このお話を読み始めた時、どうしてもニシノさんを好きになれませんでした。
    いつも穏やかで飄々としてる感じで、なんだか物事を全部うまくすり抜けていく人のようで。
    女性を大切にしてないんじゃないかなっていうのが初めての印象。
    でも、最後まで読んで変わりました。
    ニシノさんはいつでも前を向いているようで過去に縛られてて。
    女の人に対していつでもまっすぐで。
    女の人に対してだけ、すごく前向きなのか?笑
    人を愛せないことってこんなに寂しいことなんだなって思いました。
    ニシノさんは最期まで愛に生きた、素敵な人です。

  • イケメン優男のユキヒコ。

    優柔不断な感じがとっても素敵です。

  • あんまり好きではなかった。

  • ニシノユキヒコが堺雅人に脳内変換されっぱなしだったわ…

  • ニシノユキヒコの恋と冒険の話。10人の女性が語るニシノユキヒコ。読んでるうちにニシノさんを好きになってる。壮大に切ない。

  • 健全な小説ではないので、読書感想文には向いていない。だけど健全じゃなくて、健康でもないようなところにこの小説の面白さがある。

  • わたしにとっては、ニシノくんである、彼は。
    この人の書く、悲しみは、哀しみは、とても身近で、何よりも遠くにあって、他人事で、とてつもなく悲しい。
    愛か。
    わたしが人を愛せるのはいつなんだろう、ニシノくん。ねぇ。

  • 「本当に人を好きになる」ことができない男・ニシノユキヒコを巡る連作集。
    読んでいるうちに、自分の身近にいる男に似ていると思って、やっぱり彼は面倒くさい人だと再確認した。うん。ワタシ、マチガッテナカッタ。

    面倒くさい性格は女の子だけで充分。

全242件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

川上弘美(かわかみ・ひろみ)
一九五八年東京都生まれ。一九九四年「神様」でパスカル短篇文学新人賞を受賞しデビュー。一九九六年「蛇を踏む」で芥川賞、一九九九年『神様』で紫式部文学賞、Bunkamuraドゥマゴ文学賞、二〇〇〇年『溺レる』で伊藤整文学賞、女流文学賞、二〇〇一年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、二〇〇七年『真鶴』で芸術選奨文部科学大臣賞、二〇一五年『水声』で読売文学賞、二〇一六年『大きな鳥にさらわれないよう』で泉鏡花文学賞を受賞。二〇一九年紫綬褒章受章。

「2019年 『掌篇歳時記 秋冬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ニシノユキヒコの恋と冒険のその他の作品

川上弘美の作品

ツイートする