古道具 中野商店

著者 :
  • 新潮社
3.47
  • (99)
  • (194)
  • (442)
  • (22)
  • (7)
本棚登録 : 1209
レビュー : 224
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104412044

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 恋に不器用な男女と、古道具店を営む人たちの日々を描く。
    ほのぼの感もあれば、恋の駆け引きもあり、非日常的な事件が起きても重大事件には至らず、のほほ~んとした感じで飽きさせずに最後まで引っ張っていく語り口は侮れない。なかなかいいんだなぁ、この感じが。

  • 古道具屋「中野商店」の中野さん、わたし、タケオの物語。
    川上弘美の書く文章は、ふんわりとしているのに、表皮を突き破ってズンときます。ピュアなままの鋭さというか。いいね。

    「携帯なんか嫌いだ。とわたしは思う。いったいぜんたい誰がこんな不便なものを発明したのだろう。どんな場所、どんな状況にあっても、かなりな高率で受けることができる電話なんて、恋愛――うまくいっている恋愛も、うまくいってない恋愛も――にとっては害悪以外もなにものでもない。」

    日本でも「携帯投げ大会」をやるべきだと思うんだ。フィンランドに倣って。
    でもあれだね、サラリーマンとかが優勝しちゃって報道されたら、上司から睨まれそうよね。「なにお前、休日に仕事の電話したのイヤだったの?」みたいな嫌味を賜りそうよね。
    こんなことを考えてしまうあたり、日本に携帯投げ大会は向いていないのか??だが携帯へのストレスはすげえあると思う。一度は投げるべきです。

  • メモ書き:
    ・何処にでもありそうな?無さそうな、日常的な設定でダラダラと普通に進む。
    ・普通の人の日々の生活って、こんなもんじゃないだろうか。という温度感がいい感じ。
    ・大人の恋愛関係も、さくっと描かれていて重くない。感覚的。こういうのも有りか。
    ・読後感は、「読み終えたー!」って感じではないが、読んで損した気分とは違う。

  • 特に事件も起きないし
    特に急展開も起きないし
    淡々と淡々と

    何というか
    ふんわり居心地の良い空気感

  • 【あらすじ】
    東京近郊の小さな古道具屋でアルバイトをする「わたし」。ダメ男感漂う店主・中野さん。きりっと女っぷりのいい姉マサヨさん。わたしと恋仲であるようなないような、むっつり屋のタケオ。どこかあやしい常連たち…。不器用でスケール小さく、けれど懐の深い人々と、なつかしくもチープな品々。中野商店を舞台に繰り広げられるなんともじれったい恋と世代をこえた友情を描く傑作長編。

    【感想】

  • ほっこりするお話し。
    情緒ある文章の表現や場面の切り取り方がたまらない。

  • 東京近郊の小さな古道具屋でアルバイトをする「わたし」。ダメ男感漂う店主・中野さん。きりっと女っぷりのいい姉マサヨさん。わたしと恋仲であるようなないような、むっつり屋のタケオ。どこかあやしい常連たち……。不器用でスケール小さく、けれど懐の深い人々と、なつかしくもチープな品々。中野商店を舞台に繰り広げられるなんともじれったい恋と世代をこえた友情を描く傑作長編。

    お気楽で、突拍子もなくて、悩みもなさそうな中野商店の面々だけど、それなりに色々な事情を抱えていて、まったく完璧に幸せな人なんていないのかもな、と思った。
    私が、現実から目を背けたくて、逃げたくてたまらないと思っているので、そんな後ろ向きな感想を持ったけど、全体的にはほのぼのして優しい物語。

  • 正月に読めてよかった

  • レビューを見ると、『センセイの鞄』と並ぶ傑作として評されていることが多いよう。つまり、川上作品としてはわかりやすいほうの作品です。

    古道具屋(あくまで骨董屋ではない)の中野商店を舞台に、そこでアルバイトするヒトミが語り手となり
    ・女にだらしのない店主の中野ハルオ
    ・その姉でゲイジュツカのマサヨさん
    ・同じくアルバイトで無口な桐生タケオ
    とその客人や恋人・愛人たちで話が紡がれた連作短編集のような長編です。
    ぬるま湯みたいに心地よくてゆるやかな時の流れには、永遠につづかない、日常のようで日常ではない感じがただよっています。

    ヒトミとタケオが再会してうれしかったけど、たしかにタケオはタケオじゃなくなっている気がして、わたしはさびしかったな〜。でも、おっさんになってもあのままだったらそれはそれできもちわるいのか。

    読みやすくて、おもしろかったです。

  • 劇的な展開はないが
    川上弘美さんらしいほんわかとした物語
    登場人物がどこかずれてて楽しい
    でも前へ進んでいく
    《 下町の ただ不用品 古道具 》

全224件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

川上 弘美(かわかみ・ひろみ)
1958年生まれ。96年「蛇を踏む」で芥川賞、99年『神様』でドゥマゴ文学賞と紫式部文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞と女流文学賞、01年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、07年『真鶴』で芸術選奨、15年『水声』で読売文学賞を受賞。ほかの作品に『風花』『どこから行っても遠い町』『神様2011』『七夜物語』『なめらかで熱くて甘苦しくて』『水声』などがある。2016年本作で第44回泉鏡花文学賞を受賞した。


「2019年 『大きな鳥にさらわれないよう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古道具 中野商店のその他の作品

川上弘美の作品

古道具 中野商店を本棚に登録しているひと

ツイートする