古道具 中野商店

著者 :
  • 新潮社
3.47
  • (99)
  • (194)
  • (442)
  • (22)
  • (7)
本棚登録 : 1209
レビュー : 224
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104412044

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メモ書き:
    ・何処にでもありそうな?無さそうな、日常的な設定でダラダラと普通に進む。
    ・普通の人の日々の生活って、こんなもんじゃないだろうか。という温度感がいい感じ。
    ・大人の恋愛関係も、さくっと描かれていて重くない。感覚的。こういうのも有りか。
    ・読後感は、「読み終えたー!」って感じではないが、読んで損した気分とは違う。

  • レビューを見ると、『センセイの鞄』と並ぶ傑作として評されていることが多いよう。つまり、川上作品としてはわかりやすいほうの作品です。

    古道具屋(あくまで骨董屋ではない)の中野商店を舞台に、そこでアルバイトするヒトミが語り手となり
    ・女にだらしのない店主の中野ハルオ
    ・その姉でゲイジュツカのマサヨさん
    ・同じくアルバイトで無口な桐生タケオ
    とその客人や恋人・愛人たちで話が紡がれた連作短編集のような長編です。
    ぬるま湯みたいに心地よくてゆるやかな時の流れには、永遠につづかない、日常のようで日常ではない感じがただよっています。

    ヒトミとタケオが再会してうれしかったけど、たしかにタケオはタケオじゃなくなっている気がして、わたしはさびしかったな〜。でも、おっさんになってもあのままだったらそれはそれできもちわるいのか。

    読みやすくて、おもしろかったです。

  • 劇的な展開はないが
    川上弘美さんらしいほんわかとした物語
    登場人物がどこかずれてて楽しい
    でも前へ進んでいく
    《 下町の ただ不用品 古道具 》

  • 不思議な雰囲気の本だった。
    最後は変わったものと変わらないものがあって、寂しいような懐かしいような気分になった。

  • 不思議な読後感。
    ありきたりな日常が描かれているようで、実は深い意味が隠されているようないないような……。

  • 久しぶりに川上弘美。

    うんうん。好きだ。
    タイミングが好きだ。
    立ち止まるタイミング、思い出すタイミング、すっとくる。

    切ないなぁ。

  • タケオの「ヒトミさん」って呼びかける(というか、口からこぼれ出てくる)感じが好きだった。


    タケオの周りの静かさ、人が苦手そうな感じ、不器用な感じ、不安な感じ。
    よかった。


    『ヒトミさん、おれ、なんか下手で、すいません。タケオが小さな声で言った。
    下手って、なにが。
    なにもかも。』


    いい。

  • 出来事としてはなんでもないけど、とても良かった。

    読みやすいので一気に読めました。
    まるで自分の知人とその周りの人々の話でもあるかのように
    いきいきと心に残ります。

  • 不器用な登場人物達が愛おしかった。
    読んでいて、居心地のよい気分になる。
    主人公のヒトミの心が落ち着かないとき、
    自分の気持ちもザワザワした。
    こんな場所にいたらホッとするのに。
    甘酸っぱい恋にも一喜一憂するのに。
    ありそうでない場所が、とても素敵だった。

  • 大きな事件もなく、何も起こりません。
    起伏がなく平坦とした物語。
    それがこの物語のよいところかなと思います。

    舞台となる中野商店は骨董品などは扱わず、ガラクタのようなものを扱う古道具店。ほんの少しだけ非日常であり、異空間であり、懐かしい感じもします。そこで働く人々を中心に日常をゆったりと描いてます。
    不倫だったり、熟年恋愛だったり、職場恋愛?だったりと恋愛話もありますが、ドロドロした感じが全くないです。
    最初はつまらないかなぁ~と思いながらも、徐々に文章を味わうように読み、最後は終わってしまうのがちょっとさみしい感じがしてしまいました。
    起伏のなさで苦手な人もいるかとは思いますが、川上さんの文章や表現はとても素敵で、暖かい気持ちになり、居心地のよさを感じます。
    最後の終わり方もよかったです。

著者プロフィール

川上 弘美(かわかみ・ひろみ)
1958年生まれ。96年「蛇を踏む」で芥川賞、99年『神様』でドゥマゴ文学賞と紫式部文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞と女流文学賞、01年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、07年『真鶴』で芸術選奨、15年『水声』で読売文学賞を受賞。ほかの作品に『風花』『どこから行っても遠い町』『神様2011』『七夜物語』『なめらかで熱くて甘苦しくて』『水声』などがある。2016年本作で第44回泉鏡花文学賞を受賞した。


「2019年 『大きな鳥にさらわれないよう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

古道具 中野商店のその他の作品

川上弘美の作品

ツイートする