名建築に泊まる

著者 :
  • 新潮社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104415021

作品紹介・あらすじ

由緒ある和風旅館、江戸の面影を残す湯治場、明治・大正期の大邸宅、無名の棟梁が手がけた昭和初期の宿、海外の有名建築家によるモダンなリゾートホテルなど、宿泊可能な30物件をエッセイと写真で紹介。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「泊まれる」名建築特集。
    こういうのダイスキ。ダイスキなんですが・・・
    マニアックすぎる!!!そこが好きだけど。

    「あそこの旅館の広間の格天井が見事だから泊まる」とか
    「オンドルにどうしても泊まってみたい(けど素敵なホテルがいい)から新羅ホテルに1室しかないオンドルルームに泊まる」とか。

    呆れるくらい趣味に走ってるけど、そこがいい。
    こういう視点で実際に色々泊まり歩く著者のような存在って
    作り手としては嬉しいんじゃないかなぁ。

    写真がもう少しあると、もっとイメージが沸きやすいと思うのだけど。
    そこが残念。

  • いつか泊まってみたい宿が満載。

  • 図書館でたまたま見つけた本。
    宿は旅の重要な要素。
    建築家の視点から選んだ宿は面白くてとても参考になる。
    この稲葉なおとさんって人の本をいくつか見てみる。

全3件中 1 - 3件を表示

稲葉なおとの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

名建築に泊まるはこんな本です

ツイートする