しゃばけ

著者 :
  • 新潮社
3.88
  • (402)
  • (413)
  • (504)
  • (21)
  • (8)
本棚登録 : 2497
レビュー : 403
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キャラクターといい、時代といい私のツボ。

  • 登場人物の関係性が面白いシリーズ。
    妖たちがとてもかわいい。

  • かわいくて面白い 一気に読める 谷原さんの仁吉がツボすぎます(笑)

  • 若旦那、今日も元気に寝込んでおります!笑
    このシリーズほんとかわいい。妖怪可愛い。

  • しゃばけシリーズの最初の作品。
    江戸時代の話。
    身体の弱い若だんな、実は妖怪の血を引いている。
    祖母が大妖で、店の手代も実は妖怪。
    身の回りにも小さな妖たちがにぎやかに出入りする環境。
    気のいい若者が、ちょっとした事件を解決していきます。

  • 面白すぎるっ!!
    かなりハマってしまいました。

  • (シリーズ全て含む)

    登場人物みんな愛らしい・・・!
    若だんなステキです。仁吉LOVE.

  • 江戸の大店の若だんな一太郎は17歳。一粒種で両親から溺愛されているが身体が弱くすぐ寝込んでしまう。 そんな一太郎を守るべく、手代に身を替えた犬神(佐助)、白沢(仁吉)、屏風のぞきや子鬼が身の周りに控えている。
    ある夜、一人歩きをした一太郎は人殺しを目撃してしまう。 妖(あやかし)たちの力を借りて下手人探しに乗り出すものの……。

    心優しい若だんなと妖怪たちが繰り広げる愉快で不思議な人情推理帖!

  • キャラが好きになれない

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    江戸の大店の若だんな一太郎は17歳。一粒種で両親から溺愛されているが身体が弱くすぐ寝込んでしまう。そんな一太郎を守るべく、手代に身を替えた犬神・白沢、屏風のぞきや小鬼が身の周りに控えている。ある夜、ひとり歩きをした一太郎は人殺しを目撃してしまう。あやかしたちの力を借りて下手人探しに乗り出すものの…。心優しい若だんなと妖怪たちが繰り広げる愉快で不思議な人情推理帖!第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。

  • 8/21

  • 大工の殺害現場に遭遇した一太郎。そこから巻き込まれる薬商人連続殺人事件。犯人が求めるものが一太郎のどこかに?なりそこないの怨念。

  • 手越くんが暴れまわるぜ☆若だんないいね!!

  • 病弱な若だんなに、佐助、仁吉の他にも
    妖が傍らにいるのは、ある秘密があったからだった。
    ほんわかしているけれど、じわっと考えさせられます。
    柴田ゆう氏の装画も、雰囲気にぴったりですね。

  • 主人公マンセー感がぱねぇ

  • 「かすかな甘い香だけが、遠くないところに咲く花があることを教えている」

  • 主人公が病弱でぼんぼんの若だんなっていうのが面白いですね!金に物を言わせて護符を買いあさるあたりがすごく好きです。それをしても嫌味のないキャラクタなのが素晴らしい。妖たちもかわいい。

  • 若だんな 妖怪 魑魅魍魎

  • 「しゃばけ」シリーズ一作目。
    ほかは全部文庫でそろえてるのに、一作目だけはハードカバーで持ってます。
    地元の書店でジャケ買いした一冊。
    あのとき買っといてホントによかった。

  • 妖が何体も出てきて若旦那を守っているなんてすごい。
    悪い妖怪もいるけれどいい妖怪もいるから面白い。
    妖怪たちと若旦那の会話が面白い。
    ミステリーでもありホラーでもあるから面白い。
    若旦那が推理をするのが妖も手助けをして人殺しをした妖怪を封印するなんてかっこいいと思った。
    若旦那は体は弱いけど心はすごく強いと思う。

  • 最初なれない言葉使い&感じに違和感があってなかなか進まなかったけど、慣れてくると面白い。すらすら読めました。
    一太郎を守る妖達とのやりとりがほんわかしていていい感じでした。

  • ほのぼのミステリーって感じかしら?
    このイラストもまたいいのよね〜♪

  • 最近、ほとんど長編を読まなくなりましたが、
    時代物では、このシリーズ好きですねっ。

    TVでも話題になったし、気になる人はぜひ、詠んでみて!

  • 『しゃばけ』シリーズ第1弾

  • かわいい。ドラマもかわいい。





  • 大好きなシリーズ。
    ドラマ化には驚いた!


    体が頗る弱い若だんな、一太郎と手代の仁吉と佐助。
    親友の栄吉、お兄さんの松之助。
    その他諸々の妖怪たちが繰り広げる、大江戸捕り物帳兼一太郎成長物語(笑)


    人を好きになるってどんなんだろう?って考え込んだりする若だんなに賛同を覚えます。
    みんな離れてく、一人になるっていう不安感も同様。


    ただ妖怪と悪者退治をするってだけじゃなくて、その人の生き方とか成長とか、そういうのをしっかり書いてくれます。

    個人的に屏風のぞきが凄い好み(笑)




    「空のビードロ」(ぬしさまへ)が凄く好き。
    あとは「おまけのこ」も好きです。
    というより、全般好き。



  • 作者は元漫画家さんだそうです。
    設定などはとてもいいと感じたのですが、なんというかスカッとしない展開というか。
    良く言えばわかりやすい、悪く言えば単純。主人公がただのへたれ病弱ぼっちゃんだと思いきや、
    実は特別だった!しかも美形…。

    お供の世話役の妖怪も、美形。しかもぼっちゃん命!となると、女性がとびつく要素満載だなと思いました。

    設定がいいのに生かしきれてないのが非常に残念だな…。

  • 想像以上に面白く、「東京島」でささくれた私の心でもアヤカシの世界、すんなり入れました。シリーズ次作も読みたいと思います。

  • 女性ファン多そうだな〜

  • 初めて読む作家さん。「うそうそ」をテレビで見ておもしろかったから。登場人物がすっかりドラマのイメージになっちゃってるけど、おもしろい!!
    2008.12.22

全403件中 181 - 210件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

しゃばけのその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする