ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2

著者 :
  • 新潮社
3.76
  • (174)
  • (277)
  • (348)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 1552
レビュー : 220
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507023

作品紹介・あらすじ

日本橋大店の若だんな・一太郎は、めっぽう身体が弱く、くしゃみひとつとしただけで布団にくるみ込まれてしまう始末で、放蕩なんてことは、夢のまた夢。そんな若だんなの身の回りを守っているのは、犬神・白沢・屏風のぞきといった摩訶不思議な連中たち。でも、店の手代に殺しの疑いをかけられたとなったら黙っちゃいられない。若だんなの音頭のもと、さっそく妖怪たち総出で調べに乗り出すのだが…。若だんなと妖怪たちが、難事件を次々解決!史上最弱だけど、最強の味方が憑いてる若だんなの名推理。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014.9.21再読
    しゃばけシリーズ第二弾

    • ぬしさまへ
    仁吉への恋文
    話はなかなか深いが悪筆はちょっぴり笑える

    • 栄吉の菓子
    命賭けの大博打
    栄吉の菓子で遂に(?)人が死んだ?
    なんだかんだで、栄吉は愛されてます
    ホロリ

    • 空のビードロ
    しゃばけ時の松之助
    松之助兄さん、あんたよくぐれなかったよ…ホロリ

    • 四布の布団
    パワハラと泣き布団
    仁吉佐助の妖脳発揮
    万事は若だんなが全て!

    • 仁吉の思い人
    おぎんさんと仁吉の数千年の想い

    • 虹を見し事
    しゃばけ時から2月後の話
    松之助のその後と若旦那の奇妙な夢か現か?
    若旦那 ちょぴり大人になる?


    空のビードロと仁吉の思い人にはホロリとした
    幸せになることを祈ります

    今回は 仁吉寄りな話が多かった

  •  短編。仁吉さんが男をあげるの巻。
     
     仁吉さんの思いは切なかった。

     佐助にもこういう話が挟まってくるといいなあと思うのです。

  • 妖と若だんなのほのぼのとした短編集。
    千年の片思いなんて、切なくなりますな。

  • なぜこれを登録してなかったのかしら。
    本棚整理をしていて気づいたので登録。

    しゃばけシリーズで
    もっとも好きな話が収録されているのがこの巻。
    「仁吉の想い人」は本当に素敵だぁ。

    普段は若旦那命のクールビューティー仁吉が
    千年片思いを続けている人とは・・・
    これで一気に私の中で仁吉熱が上がりました。

    やはり(物語の)恋は報われないほうがステキだわ・・・

  • やなりいなりの休憩に。しゃばけ2作品目まではやなり普通に話してるんだよねーなんて思いながら
    兄さんの胸ぐらを掴む若だんな

  • しゃばけシリーズの二作目です。
    六編が収録された短編集なのですが、主人公の若旦那以外にもスポットを当てた作品が多く、シリーズものの楽しさを満喫させていただきました。

    妖(あやかし)たちの、人とはちょっとずれた感覚も読んでいて面白いですね。
    それぞれが持つ個性も、際立つように感じます。

    内容は、人の心の裏側に潜むものを露わにする印象が強く、作品ごとに悲しさや切なさが浮き彫りにされる、そんな風に思いました。

    病弱ながらも若旦那の安楽椅子探偵ぶりは、前作同様冴えていて立派ですね。
    シリーズ三作目も、とても楽しみになりました。

  • ≪県立図書館≫

    短編が6話収められていた。
    1作目の「しゃばけ」の世界に、ぐっと広がりができる内容で、とても面白かった。
    最後の話は、夢と現実が入り混じっているという、少しわかりにくい構造ではあった。
    でも、面白かった。

  • 4-10-450702-4
    C0093¥1300E.
    2003年5月20日
    著者:畠中恵(はたけなか めぐみ)
    発行所:株式会社新潮社

    目次より--------
    ぬしさまへ  小説新潮2002年2月号
    栄吉の菓子  書き下ろし
    空のビードロ  書き下ろし
    四布の布団  書き下ろし
    仁吉の思い人  小説新潮2003年2月号
    虹を見し事  書き下ろし
    -----------------

  • *

  • 仁吉の思い人がおもしろかった。

    読みやすく、あっという間に読み終わった。

全220件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2のその他の作品

畠中恵の作品

ぬしさまへ しゃばけシリーズ 2を本棚に登録しているひと

ツイートする