ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6

著者 :
  • 新潮社
3.70
  • (181)
  • (306)
  • (421)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 1846
レビュー : 252
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507078

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりにこのシリーズを読んだけど、相変わらず巧妙。江戸の街の描写がこの不可思議な話に違和感なく馴染んでいて、こんなこともあってもおかしくないなと思わせる。鳴家たちのきゃぴきゃぴした話しかたが本当にかわいい。

  • 黄泉の国が目に入った時は驚いた。

    自分がそこに行った時のことを考えて、生活見なおそうかな…なんて思っちゃいました。

    いつも以上にファンタジー色が濃いけど、すごく楽しく読めますよ。

    おススメです。

  • しゃばけシリーズ6作目。
    初っ端から若だんなが三途の川渡りかけてます。
    鳴家にお獅子が加わって若だんなの周りはますますにぎやかになりました。
    相変わらず病弱な若だんなですが、めまぐるしく変わって行ってしまう周囲に対しての寂しさや焦りを感じているようです。少し切ない。
    「はるがいくよ」がよかった。しゃばけシリーズは何故だか春のイメージが強い。

  • 小紅のはなしが切ない
    別れは誰にでも抗えない。

  • 大好きなしゃばけシリーズ(^O^)

  • 【はるがいくよ】せつなかった。

  • 三途の川に行く若だんな。
    家事で焼け出された若だんな。
    兄の松之助の縁談。
    桜の花びらの精のはかない美少女。この話はグッとくる。

    しゃばけ6冊目。

    (2009年05月26日読了)

  • 今回は、お話が続いていて読み易く面白かったです。松之助さんもついに独り立ちし、若だんなの寂しい気持も良くわかります。最後の小紅のお話もせつないです。

  • 江戸有数の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいたが、日本橋を焼き尽くす大火に巻かれ、とうとう三途の川縁を彷徨う羽目に…。
    若だんなと鳴家の三途の川縁冒険譚に、若き日のおっかさんの恋物語、兄・松之助の縁談に気になるあのキャラも再登場で、本作も面白さ盛りだくさん!
    大好評「しゃばけ」シリーズ第六弾。

  • 「しゃばけ」シリーズ第6弾。

    若旦那が三途の川を渡りかける「鬼と子鬼」
    妖退治の法力を持つ寛朝様の弟子、秋英の災難「ちんぷんかん」
    若旦那の母、おたえの恋物語「男ぶり」
    若旦那の兄、松之助の縁組話「今昔」
    長崎屋に訪れたさくらの花びらの精・小紅、彼女が思い起こさせた、心の奥底の寂しさ・・・「はるがいくよ」

    の5編。
    2人のにいやの愛情に、今更ながら再び胸締め付けられた一冊でした・・・。

全252件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする