ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6

著者 :
  • 新潮社
3.70
  • (181)
  • (306)
  • (421)
  • (16)
  • (1)
本棚登録 : 1846
レビュー : 252
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507078

作品紹介・あらすじ

江戸有数の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいたが、日本橋を焼き尽くす大火に巻かれ、とうとう三途の川縁を彷徨う羽目に…。若だんなと鳴家の三途の川縁冒険譚に、若き日のおっかさんの恋物語、兄・松之助の縁談に気になるあのキャラも再登場で、本作も面白さ盛りだくさん!大好評「しゃばけ」シリーズ第六弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ6作目。最後の「はるがいくよ」が切なかった…。花びらの妖・小紅は人並み外れた早さで育っていく。その寿命は半月程。小紅にもう少し生きてほしいと願う若だんなは、仁吉や佐助の気持ちに気づいてしまう。「私もいつか、皆を置いてゆくんだね」残される側も哀しく辛い。

  • 冒頭で長崎屋を含む通町で火事があり、一帯は焼け落ちてしまいます。
    病弱な若だんなは煙を吸って三途の川へ行く若だんなならではの話から、若だんなの両親の結婚話、兄・松之助の縁談と続きますが、やはり最後の『はるがいくよ』は涙を誘われました。
    人の命は短く、妖の命の流れの中のほんの瞬き程度かもしれない。
    いずれ若だんなが寿命を全うしたとしても、仁吉や佐助と別れることになるかもしれない。
    桜の花びらの寿命の短さになぞらえて、若だんなが口にした一言が切なかったです。

  • 最後の小紅の話が切ない話だった。

  • しゃばけシリーズ第6巻。若旦那は三途の川に出かけた(?)。

  • 面白かった! 「ちんぷんかん」の妖見えるのに気づいてない坊さんの健闘も「男ぶり」の娘時代のおっかさんの恋の話も良かった。「はるがいくよ」は、仕方の無い自然のことだけど、なんとかしたい若だんなの気持ちはよくわかる(´;ω;`)

    花や虫や鳥や犬猫や、自分より寿命が短いのはわかるんだけど、別れたくないよね。笑って消えた小紅の潔さ、あっぱれだ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

  • シリーズ第六弾。
    カバー下は鳴家の落書きして遊んでるとこ。
    可愛すぎる。

    鬼と小鬼
    火事の煙で三途の川につき河原で石を積む若だんな。
    三途の川を渡るには
    善人なら橋か舟で。舟のの渡し賃は六文。
    罪人は軽ければ浅瀬を
    罪の重い 者は深い濁流を渡らねばならない。

    ちんぷんかん
    広徳寺には隣の神社から狛犬が散歩にくる!

    今昔
    式神に顔に張り付かれて若だんなが苦しんだら
    「相手を知って、思い知らせてやらねば」

    はるがいくよ

  • 火事の発生を中心に、三途の川で困惑したり、
    兄さんの縁談話にやきもきしたり、
    母君の若き日の恋の話にドキマキしたりする
    若旦那の話です。
    相変わらずに一気に楽しく、しんみり読みました。

  • しゃばけシリーズ第6弾

    「鬼と子鬼」
    一太郎と冥土のお話。
    知らない冥土の話しが多くておもしろかった。

    「ちんぷんかん」
    妖退治で有名なお寺のお弟子さんが、巻物の中へと閉じ込められるお話。

    「男気」
    一太郎の母と父の馴れ初め兼母の失恋話し。

    「今昔」
    病弱な兄弟を持つことで親しくなった女性と好い仲になった兄松之介だったが、縁談相手はその姉で…?式紙が襲ってきて妖達が奮闘するお話。
    家鳴が相変わらず可愛いし、久しぶりの登場貧乏神が恐ろしい。
    初めから兄の縁談話が持ち上がっていたけど、ようやく決まって一安心。

    「はるがいくよ」
    兄は分家するし、幼馴染も修行に行くらしい。そんな寂しさを抱いている一太郎の元に、桜の花びらの化身が現れる。
    綺麗で儚く、切ないお話。

  • 一番最後の梅の花の話が好きです。人間と妖とは生きている時間が違う。若旦那を思うからこその兄やたちの言葉。でも、これって人間と妖たちだけじゃなくて、私たち人間と動物達との時間においても同じだよな。ペット達と自分たちとの関係に置き換えて、感情移入しすぎてほろっと来ちゃいました。

  • 連作短編5編 再読
    このシリーズは,鳴家たちや妖とのさまざまなやり取りがユーモラスで楽しいのだが,その根底に「生きるとはどういうことか」という問いが常に問われている.5話目の「はるがいくよ」は悲しくもあり潔くもあり,しみじみ良かった.

  • 内容は
    ・鬼と小鬼
    ・ちんぷんかん
    ・男ぶり
    ・今昔
    ・はるがいくよ

    鬼と小鬼 では、街が火事になって若旦那が冥土に行きかけてしまいます。
    ちんぷんかん は寛朝の弟子の秋英の話。
    男ぶり は若旦那の母、おたえが藤兵衛と結婚するまでの話。
    今昔 は若旦那の兄・辰二郎のお見合い相手と、その相手の家にいた占い師(陰陽師)とのひと悶着。貧乏神の金次がいい味出しています。
    はるがいくよ は桜の花びらの妖怪小紅の話。1ヶ月ほどで寿命を迎えてしまう小紅を何とか長生きしてもらいたいと奮闘するのが切なくいい話です。

  • しゃばけシリーズ⑥

  •  しゃばけシリーズ、今回は短編集。
     松太郎さんの縁談のお話あり、おたえさんの昔の恋のお話あり、若だんなが結構なピンチに陥ったりと、いろんなお話が詰まってます。
     でも相変わらず鳴家だけは、「きゅわきゅわ」言いながら、大好きな若だんなの膝の上に戯れてます。

  • はるがいくよ、切なかったねぇぇ。小紅も若だんなも。

  • ひなこなちから逆読み中、再読。
    改めて読むとあの世の話は短編にするともったいなかったね。
    地獄八景みたいで、愉快だし。
    最後の「はるがいくよ」は素敵な小品。
    せつなくっていい味だった。

  • 人間とあやかしの価値観の違いが主観見えやすく、したがって面白かったです。
    命の価値がときどきすごく軽くなるのも。
    そればかりだと重たいですが。

  • 「はるがいくよ」が切ない

    【図書館・再読・2/19読了】

  • しゃばけシリーズ⑥

  • しゃばけシリーズ第六巻。
    とうとう三途の川まで…
    今回、死をテーマにしてたのかな?^ ^

  • しょっぱなから一太郎が三途の川まで行ってしまう。
    河原で石を積み上げている子供たちの姿が胸に痛い。
    それでも、鬼はもしかしたらここでの「親」代わりなのかもという一文が心から離れない。
    一太郎は戻ってこれて良かったね。兄やの苦いお薬のお陰かな。

    一番心に残ったのは桜の花弁の妖「小紅」のお話●はるがいくよ●
    儚い命の小紅との早すぎる別れ、又、松之助の縁談や、栄吉が修行に出るかもしれない等、さまざまな別れが一太郎を囲む。
    みんなひとところには留まっていられないということ。
    全ては成長し、命の長さは一定ではないということ。
    小紅を通じて別れを受け留める側だったはずの一太郎が、ふと兄や達との別れがいつかは待ち受けていることに気付き、何とも悲哀に満ちた感情になる。
    そんな折、若だんなに神の庭に行くことを提案する仁吉。さりげなく目を見ることもなく、それは静かに伝えます。
    きっと大きな思いがあるからこそ。
    誰よりたくさんの別れを経験してきた妖だからこそのこの一場面に胸が熱くなった。
    また仁吉が好きになったな~~。
    しゃばけシリーズ、どっぷり浸かっております。

  • 2014.9.23再読
    しゃばけシリーズ第6弾
    長崎屋が火事で燃えて再建して松之助兄さんが結婚します

    • 鬼と小鬼
    若だんなが死んじゃった⁉
    三途の河原で乃勢屋冬吉と出会う
    三途の川も金次第を再現した 笑
    長崎屋 燃えました。

    • ちんぷんかん
    広徳寺 寛朝の弟子秋英 と 狸親娘の和算対決
    松之助兄さんの縁談 (1)
    長崎屋 仮住中です

    • 男ぶり
    若だんなの母 おたえ と父 藤兵衛の馴れ初め
    屏風のぞきと守狐が良い良い
    松之助兄さんの縁談(2)
    長崎屋 仮住中です

    • 今昔
    祝 新築!長崎屋が新しくなりました。
    松之助兄さんの縁談(3)
    vs陰陽師

    • はるがいくよ
    祝 松之助兄さんの結婚‼
    若だんなと桜の花びらの精との恋バナ
    若だんなと兄や達にも通じる事で、切ない。

    この巻辺りから 妖達がくだけてきててんやわんやしてくる

  • あぁそうだった、この雰囲気だ。相変わらず病弱で、甘々の兄さんたちに囲まれてるのね。でも嫌味じゃないんだなぁ。そういえば、お母さんの話ってあんまりなかったから、面白かった。

  • しゃばけシリーズ 六 弾

  • 「はるがいくよ」は、涙でした。
    入院付き添い生活には、ちょうど読みやすい「しゃばけ」シリーズ(^o^)楽しかった。

  • 2014,2月21日
    お約束された面白さ

  • 最後の「はるがいくよ」が切ないが一番面白かった。ただ全体の印象としては薄かった。人気のあるシリーズなので期待したが少し肩すかしを食った感じがした。

  • シリーズ第6弾だが、時間軸が止まらず少しずつ時を経て、出会いや別れ、成長があるのが好いv

  • 「しゃばけ」シリーズ第六弾・5話の短編。《鬼と子鬼》長崎屋周辺が大火事の際、一太郎は火事の煙を吸って気を失い、二度目の三途の河原へ…。《ちんぷんかん》広徳寺が舞台で、妖退治で有名な寛朝さんとその弟子秋秀さんが巻き込まれる騒動。《男ぶり》一太郎の母おたえの恋物語。母親おたえが一太郎に、当時手代だった父・藤兵衛と結ばれるまでを語る。おたえは齢三千年の皮衣(かわころも)という大妖の娘。《今昔》兄・松の助の縁談先米屋の大店・玉乃屋が雇った陰陽師が操るとみられる式神の騒動。玉乃屋の姉妹おくら・お咲の思惑。

    第5話が感動作でした《はるがいくよ》巻頭の作品で大火事の際、焼け残った老桜を長崎屋の庭に移すと、兄・松の助の縁談のお祝いの贈り物に並び、見慣れない籠があり中に女の赤ちゃんとして現れる。驚くことに成長が早く素性が、桜の花びらの妖だとわかる。小紅と一太郎は名付けるが、桜の花びらが散る頃に、娘に成長した妖の小紅も儚く消えてしまうと判明し、桜の花びらが散らないように手を尽くそうとするが…胸しめつけられる切ない別れ。長編で独立して読みたかったな。

  • しゃばけシリーズ、当初からずっと気になっていたことだけど…。文章がたどたどしくて、どうにも話に入りこめない。

  • いつかは死ぬのよねわたしたち
    悔いの残らない死ってのはないのでしょう
    でも、人をうらやまずに生きることはできるから、そうしましょ
    諦めることは、それ以外の生き方を選択したってことだから、負けたと思う必要はないのよ

全252件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6のその他の作品

畠中恵の作品

ちんぷんかん しゃばけシリーズ 6を本棚に登録しているひと

ツイートする