いっちばん しゃばけシリーズ 7

著者 :
  • 新潮社
3.74
  • (163)
  • (268)
  • (318)
  • (20)
  • (1)
本棚登録 : 1808
レビュー : 208
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507092

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 安心して読める。

  • やっぱり畠中さんは安定しているなぁと思います。
    病弱若旦那のしゃばけシリーズですが、安心して読めますね。

  • 大事な一冊。

  • いっちばん。スリの話。親しい妖達が若だんなを喜ばそうと知恵を絞る。
    いっぷく。商売敵の話。三途の川であった人と再会。
    天狗の使い魔。天狗にさらわれる。天狗が懐かしい者と再開するため人質に。
    餡子は甘いか。若だんなの友人栄吉の修行の話。ちょいリアル。
    ひなのちよがみ。若だんなの商売のお勉強。

    それぞれ優しい話でいいんだけど、鳴家などの漫画的な表現が鼻についてきた。そろそろ終わりでいいと思う。

  • やなりがかわいらしい。

  • あんこはあまいかが凄く好き。

  • しゃばけシリーズ第7弾。栄吉と病弱若旦那、松之助に妖怪たち。ほのぼの。

  • 親友の栄吉がお菓子の修行に出たり、厚化粧お化けと言われる雛の素顔が明らかになったり・・・・
    病弱なのは相変わらずの若旦那だけど周りは少しづつ変化している。
    そんな中、あいも変わらない妖怪たちは、このところ元気のない若旦那を喜ばせようと躍起になっている。表題にもなっている「いっちばん」誰が一番若旦那を喜ばせることが出来るのか・・・?
    妖怪オールスターの必死で、滑稽で、若旦那を愛している姿がとてもほほえましい。
    また、回船問屋長崎屋と近江商人とその分家の品物の競い合いが描かれた「いっぷく」も長崎屋のピンチを切り抜ける若旦那の姿が少したくましく見えて面白い。
    江戸の商人の生活も垣間見える1冊だった。

  • 兄の松之助が長崎屋を出て所帯を持ち、親友の栄吉は菓子作りの修行へ。普段から病弱な若だんなは、さらに寂しそう。妖たちは若だんなを慰めようと、競って贈り物探しに出かけるが。長崎屋と商売敵の品比べに、お雛をめぐる恋の鞘当て、果ては若だんなと大天狗の知恵比べ・・。さて勝負の行方はいかに? シリーズ第七弾は、一太郎の成長がほほえましく、妖たちの暴走も痛快な全五編。(背表紙より)

    今回もほのぼのと読み切れました。『餡子は甘いか』を読んでいたら、本当に和菓子職人になりたくなった(笑)。背表紙にもあるように、今回の一太郎は随分成長しましたね。精神的に。今までよりも世界が広がったというか。いつ読んでも、ほんわか気分になれる貴重なシリーズです。

  • 白い壁塗りを取り去ったおひなさんはどうなったのかな?修行に出た栄吉は・・・?と思っていたところだったので面白く読めました。

全208件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

いっちばん しゃばけシリーズ 7のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする