いっちばん しゃばけシリーズ 7

著者 :
  • 新潮社
3.74
  • (163)
  • (269)
  • (318)
  • (20)
  • (1)
本棚登録 : 1810
レビュー : 208
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507092

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しゃばけシリーズ第7巻。若旦那はまたまた寝込む。

  • シリーズ第七弾
    短編集。

    いっちばん
    親分を助けるため出掛ける若だんなに佐助が顔を顰め、籠を薦め
    「…長崎屋が少し小さく見えてますよ」
    「つまりは家の近所じゃないか!」
    笑った。

    いっちばん
    三途の川であった冬吉と再会。

    餡子は甘いか
    栄吉が修行に出てる安野屋の主が良いことを言った。
    美味いと思った菓子を贔屓にする。修行何年目で作れるようになったなんて気にしない。

    ひなのちよがみ
    若だんなが手代達に合格をもらえず沈んでいたら、鳴家や屏風のぞきに鈴彦姫たちは甘いものを勧める。鳴家なんて、若だんな用のお菓子をわけてもらったのを、更に若だんなに勧めてるっぽくて微笑ましすぎる。

  • しゃばけシリーズ7作目。栄吉が菓子作りを辞めてしまわなくてよかった!

  • シリーズ7作目,連作短編5編
    安心した妖達や家族友人知人とのあれこれ.安定した面白さである.それぞれの人が,少しずつ成長していく姿が微笑ましい.

  • 天狗の使い魔、餡子は甘いか、が特に好き。すんごい体験をすることになるネェ、病弱の若旦那。人間は直ぐに死んでしまう。千年単位の妖にとってはそうだよねぇ。栄吉の餡子は一体何がいけないんだろう。気になる。

  • 2012.02.03

  • しゃばけシリーズ7作目。

    ストーリーは可もなく不可もなく。レベルが落ちているとは思わなかったけれど、なぜかあまり楽しめず。読む時期が悪かったのかな。

    そういえば、だんだん鳴家の「きゅんいー」が気になるようになってきた。
    シリーズ最初のころはここまで言っていなかった気がするので、「かわいい」と言われて途中から増やしたのだろうか。どの話でも「きゅんいー、きゅわー」。ここまで来るとしつこすぎて、かわいいどころか嫌になる。

  • しゃばけシリーズ⑦

    ・いっちばん
    スリを捕まえるお話
    ・いっぷく
    品比べのお話
    ・天狗の使い魔
    若だんなが天狗に攫われるお話
    ・餡子は甘いか
    栄吉の修業先でのお話
    ・ひなのちよがみ
    一色屋の建て直しのお話

  • 「餡子は甘いか」が特に好き☆栄吉が頑張る姿にぐっときますね。「ひなのちよがみ」もおもしろい。日限の親分が出て来るような事件物もわくわくするけど、こういう和やかな日常を描いたお話は癒されます。

  • 気負わず読めていいね。

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

いっちばん しゃばけシリーズ 7のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする