ころころろ しゃばけシリーズ 8

著者 :
  • 新潮社
3.80
  • (167)
  • (305)
  • (281)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 1980
レビュー : 270
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507108

作品紹介・あらすじ

摩訶不思議な妖怪たちに守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる江戸有数の大店の若だんな・一太郎。ある朝起きると、目から光りが奪われていた!その理由は、空前絶後のとばっちり?長崎屋絶体絶命の危機に、若だんなが名推理。だけど光りの奪還には、暗雲が垂れこめて-。佐助は妻と暮らし始め、どうなる、若だんな?絶好調「しゃばけ」シリーズ第八弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『しゃばけ』シリーズ第8弾。短編5作の連作。
    生目神様という神様に、目の光を取られてしまった若だんな。
    若だんなの目の光を取り戻そうと、兄やたちが奔走する。

    妖中心のファンタジーでありながら、人の心や世がさらっと深く描かれているのが好きv

  • 相変わらず体が弱く寝たり起きたり寝たり寝たりの若だんな一太郎
    12歳の時のお話から始まり、突然に目が見えなくなってしまう
    目が見えないながらも、難問を解決する一太郎
    一太郎を救うため、仁吉、佐助の頑張り、相変わらずの鳴家たち
    ちょっと切なくってやさしい、相変わらずのしゃばけの世界
    楽しかった

  • シリーズ8作目。惰性読みになってきた。若だんなは結構な大事件が起きても、いつもぽややんと落ち着いてることだなぁ。話のオチが読めるのもあって、安心感よりちょっと退屈が勝ってきた。

  • 短編集のように書いた長編。
    今まで読んだしゃばけシリーズでは一番面白い。
    神・人・妖各自考え方も生き方も違うところが上手く組み合わされて人情味溢れる話に出来上がっている。

  • 面白かった! 短編が全部で一つの話になってるのって、長編より読みやすい( ´∀`)
    神様と妖と、力は同じくらいとは思わなかったな。神様の横暴に腹立てる兄や達、頼りになる〜

  • 第八弾
    短編集

    はじめての
    十二歳坊っちゃんの初恋。言えずに終わる。

    ほねぬすびと
    若だんな目が見えなくなる。解決しない。
    何年も前の「はじめての」生目神社の神様が関連。
    屏風のぞきと碁をする若だんなの目の代わりに碁石を碁盤に運ぶ鳴家が可愛い。

    物語のつづき
    解決編

  • やっと借りられました「しゃばけシリーズ」最新刊。病弱な若だんなが、目覚めると周りが暗い。「まだ夜なのかしら?」と思っていたら、実は目が見えなくなってしまっていて…という話。一作一作は短編ですが、若だんなの目を治すというテーマがあるので連作短編集、という事でしょうか。シリーズも進んでくると、若だんなを主役に話を進めると目新しさが無くなるので、今回は視点が色々と変わっているのが変化?光を失った理由が、ちょっと苦しかったかなあ。

  • 目が見えなくなった若だんな。
    どうしたら光を取り戻せるか、手掛かりを求めての、
    5編の連作短編集。

    はじめての・・・事の発端は若だんな12歳のとき。
    生目社の再建に関わる事件と母娘の葛藤、そして初恋!

    ほねぬすびと・・・目が見えない!周囲が心配するも、
    今度は店自体が不可思議な干物事件に巻き込まれ、
    不自然な若だんな心配する始末。

    ころこころ・・・河童を探す仁吉は思わぬ者たちに頼られ、
    面倒に巻き込まれてしまう。だが、目的の場所は、
    彼らが向かうところと同じ場所!?

    けじあり・・・女房と共に店を切り盛りする佐助。しかし、
    この違和感は?そんな悩める彼の前に現れた者とは!

    物語のつづき・・・神様ホイホイwで
    事件の原因の神ゲット!光を取り戻すために、
    対峙する若だんなたち。

    相変わらずの話の展開です。鳴家大活躍!

  • ○ころころ
    しゃばけシリーズ第8弾
    短編でそれぞれ独立してはいるが、とある神にまつわる1本のお話。

    「はじめての…」
    目の医師がやってきたが、神社を建てるために七宝が必要だと言いだし、目の悪い母親のために一人の娘と親分が一太郎の元へとやってきて…

    「ほねぬすびと」
    一太郎の目が見えなくなった!それと同時に、干物を船で運ぼうにも2度も消えて困っているという武士が長崎屋に訪れ…

    「ころころろ」
    一太郎のために玉を探し仁吉が出かけるも、妖へと変わった人形姿の子供や、妖が見える子供までまとわりついてきて…?

    「けじあり」
    佐助のお話…のはずが、妻がいて店を持っていて、一太郎の事を考えないなんて様子がおかしい!

    「物語のつづき」
    生目神様を罠に仕掛けて物語の続きを当てる合戦が始まる…

    以下引用
    『おたきが何かを見て、怖く思ったのは間違いなかろうと思うのだ。
    ならば、何が正しくて間違っているなどという事を話しても、時の無駄というものであった。
    おたきは今、慰めてほしいのだろうから。』
    佐助が最高に優しく格好良くて惚れます…

  • 一太郎の12才の時からの因縁の神様生目神,若だんなの目が見えなくなったからさあ大変,最後は落ち着くところに落ち着くが,えっそんなことでとすれ違いの悲しさが残った.

全270件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ころころろ しゃばけシリーズ 8のその他の作品

畠中恵の作品

ころころろ しゃばけシリーズ 8を本棚に登録しているひと

ツイートする