ころころろ しゃばけシリーズ 8

著者 :
  • 新潮社
3.80
  • (167)
  • (305)
  • (281)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 1979
レビュー : 270
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507108

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • しゃばけシリーズ第8段


    ある朝、とつぜん若旦那の目が見えなくなった!
    長崎屋は大騒動

    若旦那の目に光を戻すため
    妖たちが大奮闘

    ほろりとさせ、癒される
    相変わらず読んでてほっこり♪

  • 久々に読むしゃばげシリーズ。

    けじあり が、ものすごい違和感。
    読み進めるうちに合点がいったけど、読み始めは、ものすごい違和感だったなー。

    このシリーズは、ほっこり。って言葉が似合う感じで好きだな。

  • シリーズの順番をすっ飛ばしてしまったけど、まぁ大丈夫でした。

    普段は物語の主にならない仁吉と佐助がメインの話があって、またそれが普段とはちょっと味が違うくて面白いなぁと。


    このシリーズはふんわり切ない気持ちになるなぁ。

  • しゃばけシリーズ。第8巻。短編小説。はじめての・ほねぬすびと・ころころろ・けじあり・物語のつづき。
    短編ながら巻を通した続きもの。生目神登場の「はじめての」、若旦那の目が見えなくなる「ほねぬすびと」、若旦那の目病みを治すためにがんばる仁吉篇「ころころろ」、おなじく佐助篇「けじあり」、いよいよ生目神と対決「物語のつづき」。
    仁吉が若旦那を思う親心にも似たやさしい気持ちや、佐助の怖いもの知らずで無鉄砲な力強い情熱が過不足なく伝わってくる。彼らにそれだけ思われてもまだお釣りが来るような若旦那の魅力もまた心が温まる。伏線がうまい一作。

  • たまに、妖の登場数が増えるため、頭がごちゃごちゃしますが、
    それもまたよしですかね。
    続きを楽しみにしてます。

  • あまりにも良い人しか出なくて食傷気味
    ドラマ化がよくなかったね(笑)

    避けてたのですが久しぶりに読みました
    これは第八弾らしい
    やっぱほっこり癒される

    短編の様だけど繋がってって
    終わり方もまた続きがありそうです

    行目神様はどうなるのか

  • 今回も新登場の妖がどんどん増える。
    そのおかげで、人間の登場が少なくなっている。

  • 若旦那の目が見えなくなって、妖達が治すために奮闘。短編がつながって1つの長編になっている。佐助の話が良かった。

  • 若旦那の目がみえなくなった!!…のだから兄やたちはもっとあたふた取り乱してもらいたかった。w

  • 若だんなの目が突然見えなくなる。その原因となっていたのは…。
    どんな場面であっても、子鬼たちの存在によって和む。途中、本当に目が見えないままなんじゃないかと思って心配した。佐助の若だんなを思う気持ちがいいなあ。

全270件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ころころろ しゃばけシリーズ 8のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする