ゆんでめて しゃばけシリーズ 9

著者 :
  • 新潮社
3.77
  • (131)
  • (297)
  • (236)
  • (20)
  • (4)
本棚登録 : 1821
レビュー : 233
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104507122

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ゆんでめて」は「弓手馬手」、つまり右手左手ということでしょう。
    右の道を選ぶか、左の道を選ぶかで、大いに変わってしまった若だんなと妖たちの人生のお話。
    いつもの通り連作短編集ですが、凝った構造になってます。

  •  しゃばけシリーズの中で一番好きな話(たち)でした。

     意味深な書き出しで、最後には「そうか、それで、弓手馬手なのか」と納得。一話ずつ、どうなるのか、時間が戻っていっているので「もしかして」と思いながら読み進めていたのですが。
     ねねや、かなめとはまた別の出会いがあるのかなあ。
     あってほしいなあ。千里さんのこともなかったことになっているのかな。

     どちらの道へ行ったとしても、というのは考えずにはいられないことなのでした。何度も読みかえしてしまいます。
     
     よかった、と、せつない、が綯い交ぜになるのです。

  • 連続短編集で、最初から徐々に年月が未来ではなく、過去へ進んでいきます。
    その時点で、妙な並び具合だな、と思っていたのですが
    まさかな最後にびっくりです。

    という事は、最初の屏風も大丈夫ですし
    お嫁さん候補も知り合った人も人じゃないのも
    全てがうたかた、という状態。
    一体何のためのうたかただったのか。
    単なる気まぐれだったのか。

    どちらにしろ、お嫁さん候補はいなくなってしまったという現実。
    もしかして結婚話持ち上がる!? とかちょっと期待したのですが。
    いやでも、こちらに来る予定はあるのかもしれませんし
    もしかしたら、かも、です。

  • ゆんで=弓手=左
    めて=馬手=右

    あの時右に行っていれば…
    左に行っていれば…

    2つの世界での、それぞれの話。

    大好きな屏風のぞきの一大事。
    どうなることかと思ったけど、とりあえずは「何事もなく」済んだようでよかった…のかな?

    めて側でも、若だんなの人生に大きな影響をもたらすかもしれなかった人がいて、本当に人生って一期一会。

    なかったことになりそうなのは残念だけど、屏風のぞきが無事でよかったわ。

    神様ってすごい。

  • しゃばけシリーズとしてはちょっと毛色が違いました。
    この毛色の違いが個人的には好き。
    もしも、あのときこうしていれば?
    永遠の命題ですけど、好きなテーマです。

  • 『しゃばけ』シリーズ第9弾。
    屏風のぞきが消えた・・・?
    現在・未来・過去が交錯するストーリーで最初は「???」でも読み進めるうちに納得します。
    妖のなかでもお気に入りの屏風のぞきのことだけあって最後までドキドキでした。

  • 夢?

    次回作と関連づけるのかもしれないが
    図書館で借用しているので、気づけるかどうか・・・

    購入者との差別化か?と穿った見方をしてしまった。

  • しゃばけシリーズ第9弾。今回は現在から過去へ遡る五編連作。読み始めて、「こんな事あったっけ…?」と思いつつ、展開していく…久しぶりに一気読み。あ〜よかった…。あと、かわいいと言われる佐助…!よかったけど、これでいつもに戻っちゃうかな…?若旦那の恋話もまた消えるのか…しかし若旦那の成長に期待。

  • 最初、一貫読み飛ばしたかと思った。意味が分からなかったが、読み終わると納得。

  • 林さん本

全233件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

畠中 恵(はたけなか めぐみ)
1959年高知県生まれ。名古屋造形芸術短期大学(現・名古屋造形大学)ビジュアルデザインコース・イラスト科卒業後、漫画家アシスタントと書店員を経て、漫画家デビュー。そして故・都筑道夫の創作講座を受講。『しゃばけ』が第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、本作でデビュー、作家となる。
『しゃばけ』シリーズが代表作で、『しゃばけ』『ぬしさまは』はNHKラジオドラマ化された。2011年、『ちょちょら』で第24回山本周五郎賞候補。2016年『しゃばけ』シリーズで第1回吉川英治文庫賞を受賞。

ゆんでめて しゃばけシリーズ 9のその他の作品

畠中恵の作品

ツイートする