人生激場

著者 :
  • 新潮社
3.64
  • (58)
  • (64)
  • (146)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 442
レビュー : 94
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104541027

作品紹介・あらすじ

プレーンな日常を「非日常」に変えてしまうマジカルなツッコミと冴えまくる嗅覚。週刊新潮も白羽の矢を立てた気鋭作家の身辺雑記集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三浦しをん先生の魅力全開のエッセイ。

    特に"つぶ入りジュース"にまつわる「つぶにかける情熱」はお腹をかかえて笑った。

    しをん先生の妄想癖は重症で、気が付くと話がそれて、しをん先生の妄想の世界に引きずり込まれている。
    散々振り回された挙句、元の話に戻ったときはどうでもよくなっていたり、疲れていたり・・・。

  • 大昔の活字倶楽部を読み返していたらこの人のエッセイが面白そうだったので古本屋で探して買ってみました。そうしたら大当たり! マジ大笑いしました。ワールドカップネタではサッカー選手をほとんど知らない私が偶然知っていたドイツのカーンの話や、審判の話。またその2人の会話のアテレコに笑いました。あと大爆笑したのは「子宮防衛軍」の話。私も声を大にして言いたい。「私の子宮防衛軍に告ぐ!今すぐ無用の軍備拡張は止めなさい!」と。

  • *図書館の所蔵状況はこちらをコピペしてね
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50109979

  • どこから読んでも同じ話

  • 大好きです。
    必ずだれもがどこかしらで爆笑できると思います。

    私は気に入った言葉や笑ってしまった場面などに付箋をはるようにしているのですが毎回三浦しをんさんの本(主にエッセイ)は付箋だらけになってしまって困ります!

    不思議なことに三浦しをんさんの本を読むと中年男性がすごく素敵に見えるんですよね....。

  • 図書館。

    連載物のエッセイはやはり続けて読むより
    週一のタイミングでちょこっと読むからいいんだろうな。まとめて読むとなんだかおなかいっぱい。

  • 同筆者のエッセイを読むのは「しおんのしおり」に引き続き2冊目。
    「しおんのしおり」は如何にもオタクのおねぇちゃんが心にうつりゆくよしなしごとをネットに書き綴った感満載でしたが、この本は、「週刊新潮」に書いた感じ、というかおっさん(椎名誠とか宮沢 章夫)の書くエッセイの語り口&切り口に感じました。
    好みでいうと、「しおんのしおり」の方が好き。

  • 『週間新潮』愛読者層に、しをんフィルターはどう受け止められるのだろう(笑)
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/11797791.html

  • 同筆者のエッセイを読むのは「しおんのしおり」に引き続き2冊目。
    「しおんのしおり」は如何にもオタクのおねぇちゃんが心にうつりゆくよしなしごとをネットに書き綴った感満載でしたが、この本は、「週刊新潮」に書いた感じ、というかおっさん(椎名誠とか宮沢 章夫)の書くエッセイの語り口&切り口に感じました。
    好みでいうと、「しおんのしおり」の方が好き。

  • おもしろくてサクサク読めたが、内容が古くて…10年前のワールドカップの話で、カーンとかなつかしすぎる。
    次はもう少し最近のものにしよう。

全94件中 1 - 10件を表示

人生激場のその他の作品

人生激場 (新潮文庫) 文庫 人生激場 (新潮文庫) 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする