風が強く吹いている

著者 :
  • 新潮社
4.40
  • (1925)
  • (760)
  • (541)
  • (20)
  • (11)
本棚登録 : 5596
レビュー : 1330
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104541041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 箱根駅伝を全く知らなかったが、これを読んですごくドラマチックでおもしろいことを知った。
    走(かける)とハイジのゴールのシーンはドキドキした。

  • 泣ける。理性で抑えたけど!
    スポーツに興味ないのに箱根駅伝を見ようと思わせた一冊。
    THA☆青春
    自己犠牲ものは好きじゃないけど
    もう走れなくてもいいから、走りたいとか。
    そんなチャンスがあることにも。

    寮、仲間、日々の練習、家族の不和、疎外感、ちょっとのラブとか、花火にも沢山の人にもビビるニラとか
    もうもうもう!って言いたくなるし
    笑えるとこも多い。
    走(かける)と走るの入り混じる文章で段々
    はしるんだか、かけるんだかごちゃごちゃになってきたり。

    そんな簡単に箱根駅伝に出れるなんて都合良すぎとか、区間新記録を十分で塗り替えるとか、って思いながら
    一緒に見ちゃう。頂上。

    ニコチャンの針金人形はカバーのイラストが無いと
    ただの針金だと思ってた。

    難儀なものだな、走ることを選んだ人間というのは

  • 性悪女に引っかかり役者生命を絶った小出恵介が出ていた映画を見てしまったため、随分長い間積ん読になっていたが、アニメが始まりだしたので改めて読んでみた。流れからいくとバッドエンドで終わってしまいそうに読者を誘導しておいて、素晴らしいハッピーエンドに持ってくる三浦しをんの手腕は流石だ。関西以西では全く話題にもならない箱根駅伝だが、何度も開かれた競技だと言ってる割に関東の大学に限定しているのはいかがなものだろう、やはり全国放送するなら日本に限らず全大学に解放すべきだ。

  • 正月の箱根駅伝好きには楽しく読めるいわばスピンオフ小説という感じ。

  • 2007年 第4回本屋大賞 第3位
    本屋大賞受賞作・候補作

  • 箱根駅伝を扱った小説と言えば、三浦しをんの 「風が強く吹いている」が秀逸である。たった10人の素人集団が予選会から箱根駅伝出場をめざすという、現実にはあり得ないような設定の物語だが、個性的な学生たちがランナーとしてめざめ、真剣に箱根をめざすようになっていくさま、頂点をめざす姿に心を打たれる。

    長距離ランナーには単なる「速さ」ではなく、「強さ」が求められる。「走る」ことは、「生きる」ことそのものに重なっていく。

  • 109:面白かったです……! 日食のニュースを聞きながら、泣きながら読んでました。全体の約3割を実際の箱根駅伝の描写が占めており、読み応えはばっちり。個性豊かなメンバー達、喧嘩したりラブがあったり、走りながら自分自身を回顧するという展開は決して目新しいものではないけど、ラストまで一気読みでした。王子からはじまる往路の描写がたまりません。びっくりするほど男子濃度が高いのに、もほくさくないのも嬉しい。双子と神童ラブ……!

  • 久々に思い出して読んだ。

    泣いた。各区間で全て泣いた。

    涙脆くなったのかもしれない。それでもいい。
    本当に素敵な光景を見せてもらった。

  • 図書館がおくる、「クラブ・サークル向けおすすめ図書」

    クラブ・サークル名 陸上競技部

    請求記号:913.6/Mi 図書ID:10008846

  • それぞれのキャラが生きていて、最後までひきつけるものがある。

全1330件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

風が強く吹いているのその他の作品

風が強く吹いている Kindle版 風が強く吹いている 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする