風が強く吹いている

著者 :
  • 新潮社
4.40
  • (1922)
  • (757)
  • (541)
  • (20)
  • (11)
本棚登録 : 5588
レビュー : 1329
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104541041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文句なしに楽しめた。
    十人の若者が箱根駅伝を目指す事になった。
    それぞれにある色々な思い。
    みんなをまとめていくハイジが良い。

    前半は駅伝を目指しての練習。
    後半は駅伝の二日間で、襷をつなぐために走る若者の姿に感動した。

  • 真っ直ぐ。
    読んでいると何度も胸が痛くなる。走るのは(歩くのも)大嫌いだけれど、それなりの運動部に所属していたので気持ちはよくわかる。
    人は身体と心でできていることも。心でこねくり回して迷路に入ってしまうことも、身体が意外に真っ直ぐな道を通ってくれたりもするのだ。

  • 一言で感想を言うならすごく面白かった!!!

    二回ほどある危機というか不穏な状況がちょっと
    物語に波をつけました~という感じのベタ感がぬぐいきれなかったけど
    話の大筋はさわやかで濃い友情で大好き!
    1人1人のキャラクターが生き生きとしている作品は本当に好みです
    文庫で持っていたいと思ったけど
    文庫版の表紙がちょっと残念な感じ・・・

    来年の箱根駅伝を見る目は確実に変わります

  • 竹青荘が王子のマンガ蔵書の重量に耐えたのは奇跡。
    更にルームランナーなんてやったら絶対OUTでしょう(笑)。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/8935789.html

  • 読書後、久々にこれほど長い余韻に浸れた。人はみなそれぞれのゴールを目指して、ドラマを持ち、悩み、苦しみ、生きている。挫折を味わい、逆境を乗り越え、地道に生きている。
    シンプルに走ることを通じ、ひとりで生きていける強さを持ちながら、人と繋がる喜びを持ち、無いものを妬み、羨望しながら、自分にできることをこつこつと積み重ねて生きていく。駅伝を通しながら、選ばれたもの、選ばれなかったもの、それぞれの苦しみを背負いながら、ひたすらに足を運び続ける若者達の青春群像。登場人物それぞれは自分に似ていなくても、どこか投影してしまい、涙が出るほど心から応援したくなる物語。
    北風は、旅人の服を脱がすことができず、太陽はやさしく旅人を包み込む。でも人生は、晴天の中、強い北風が吹いている連続だ。人の向く方向によって、逆光にも、見晴らしが良くも、向かい風にも、追い風にもなる。ただ太陽は輝き、風は強く吹いているだけなのだ。

  • 面白かった。一気に読み終わった。読み終わった後、なんだか走りたい気分になった。来年、箱根駅伝を見るのが楽しみ。

  • 高校の時、テニスをしていた時の私は弱かったんだなと気づいた。
    下手じゃない。下手じゃないけど試合で勝てない。何か言い訳を付けて途中で諦めてしまう。

    先生に言われた
    「勝つ気がないだろ」
    何も言えなかった。


    下手じゃない。弱かったんだ。
    強くなりたい。そう感じた一冊。


    普段走っている人でなくても、何かの励ましになる本ではないでしょうか。
    友人に勧められて読みましたが予想以上の爽快感です。
    ちなみにその時の友人の言葉が
    「ずっと走ってる本だよ」。

  • 何回感動の鳥肌が立ったか・・。今年最もよかった小説かもしれない。自分が読んだ青春小説というジャンルにおいては、比類なきナンバーワンだ。内容は、素人集団の箱根駅伝出場までの奇跡の物語。リアリティはないのかもしれない。が、信じさせてくれる、そしてなにより人生のある時期にだけ特別に放ついわゆる青春の輝きがうらやましい。仲間の大事さ、かけがえのなさがコレでもかコレでもかと伝わってきたし。また10人個々のキャラクターの描き方が抜群。タイムリーなことに先週に市民マラソン大会に友達に誘われて初めて出たのだ。5キロの道のりをぜんそくさながらの呼吸で走った。そんな経験もこの小説を読む上での押し上げになり文字通り無我夢中で読みふけった。まったく興味なかったけど、間違いなく来年の箱根駅伝を見る目が変わった。

  • 学生のうちに出会えてよかった。
    本当に部活に打ち込んだ人にしかわからない感情がある。
    それが良く表現されていて感動した。
    清瀬灰二のコーチングがすごく好き。
    無理はしないけれど甘えることもしない、本当に理想的なブラッシュアップの仕方だと思う。
    そして最大の敵はいつも自分であることや、ひとりでは頑張れないけれどチームで支えあっていくことの面白さを再確認できる作品だった。
    忘れたころにもう1回読みたい。

  • 良かったです。しをん先生が人気作家なのが頷ける。

    ツッコミどころはもちろんあれど(いや、みんな急に強くなり過ぎじゃね?とか^^;)、そんなことはいいよ。
    と思えるくらい、「物語に引き込まれたー!」とシアワセになれる読了感。
    これぞ読書。

    駅伝のくだりは、ついつい伴走している気分。
    走とハイジ以外の一人一人の心象風景を、ここで詳細に語らせたわけですね。

    キャラ立ちはどれもこれも漫画チック、ある意味類型的ではありますが、それを補う心理描写の説得力。
    走の成長に、素直に共感してしまいました。

    駅伝のラストは泣いたよ……
    何より、駅伝に興味がわいた。これってすごいことじゃないですか@@

    惜しむらくは女の子キャラにさっぱり魅力がなかったこと^^;
    作者の意図的なものか、と思えなくもないが……

    山口晃さん(好きvv)の装丁画が超素敵。
    シアワセなお話をありがとう、しをん先生。

全1329件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

風が強く吹いているのその他の作品

風が強く吹いている Kindle版 風が強く吹いている 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする