風が強く吹いている

著者 :
  • 新潮社
4.40
  • (1922)
  • (757)
  • (541)
  • (20)
  • (11)
本棚登録 : 5588
レビュー : 1329
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104541041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 箱根駅伝が迫ったこの時期に読めてよかった!
    走の疾走感が文章からビシビシ伝わってきた。よかったわー。

    しかしスポーツものは熱いモノが込み上げてき過ぎて困る…。

  • しをん作品3作目。

    非現実な設定かもだが、しをん先生にかかるとこうも劇的な作品に!
    「陸上における強さ」を求め「自分の心に勝つ」為にアオタケの10人がどう向き合っていくか。
    「まほろ駅前多田便利軒」でも語られる「暴力の牙」に負けないようどうやって自分を引き止めておけるか。

    青春モノらしく、強く背中を押してくれるコトバに何度も出会えたし、襷が渡って行くたびに自分も一緒に走り切ったかのような爽快感と達成感に満たされた。同時に鳥肌も覚えた。ゴールシーンの感動と言ったら。。。

    読んでよかったと思うし、色々な人にも薦めたい。


    PS:
    映画化された走の「美しい走り」を観ました。
    キャストみんながかなりの走り込みを行ったせいか、あの強い走りが具現化されているようでとても印象に残りました。
    ただ、これだけの長編を映画化すると全体的な印象は薄まりますね。。

  • 泣けるくらいの青春がある。それぞれの選手全員に共感できるし、走の純粋さや清瀬の想いも感動的。ストーリーに入り込みすぎて時間を忘れたのいつぶりだろう?ってくらい。映画も観てみたい。

  • 最高にアツくなれて、笑いもあり良かった。電車の中で、何度もアツくなり涙しそうになった。

  • ハイジ、結婚してくれ。

  • 箱根駅伝は大好きなんだけど、普段青春スポ根系は読まないワタシ。どうかな、と思いつつも面白いということで手に取った。
    そんな感じなんで、読むまでにやや時間がかかったけど読みだしたらスラスラと読み進めることができた。
    箱根駅伝までの1年。わっ、と何か大きなことが起こるわけではないんで淡々と進む感じだけど、読みだしたら最後まで見守ってあげなきゃと思う、そんなストーリーだった。
    ワタシもやり直せるなら、思いっきり青春したい!!
    こういう話は、ただただ単純に、我が人生に少し後悔しつつも元気をもらいます。

  • とても爽やかに読み終えました。
    (途中 ほろろっとくる箇所も・・・・)
    走ることとは全く縁のない人生ですが
    駅伝ってこんなにいろいろな計算やかけひきやルールの上で成り立っているんだとオドロキでした。
    個性ある登場人物
    それぞれのクセがおもしろいです。
    そして,みんな少しだけ憂いのようなものを抱えているんだけど
    このレースにでる事で自分なりに決着をつけてしまえる爽やかな若さがうらやましぃ~
    うはははっr(^▽^;

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「個性ある登場人物」
      三浦しをんって、キャラ作りが上手いよね(先日「まほろ駅前多田便利軒」を読み終えたところ)、前からお薦めされていたので、...
      「個性ある登場人物」
      三浦しをんって、キャラ作りが上手いよね(先日「まほろ駅前多田便利軒」を読み終えたところ)、前からお薦めされていたので、近々読む予定なのですが、とっても愉しみです!
      ところで、、、、「うはははっr(^▽^; 」この笑いは何なんでしょうか?
      2012/11/30
    • マヨたま♪さん
      @ nyancomaruさん
      ワタシは最初にまほろばを読んだんですよ。(^^)

      >「うはははっr(^▽^; 」この笑いは何なんでしょうか?...
      @ nyancomaruさん
      ワタシは最初にまほろばを読んだんですよ。(^^)

      >「うはははっr(^▽^; 」この笑いは何なんでしょうか?
      爽やかな若さがとても懐かしい年頃ってコトです。σ(^^;)
      2012/11/30
  • すっごくよかったー!!
    個性豊かな10人の竹青荘の住人が箱根駅伝を目指すストーリー。
    男同士のこういう友情とか信頼とかひたむきな姿とか、定番だけど、やっぱりすごくいいなー。
    終盤はみんながケガしませんように…とか、王子の涙にもらい泣きしたりと読みながら感情移入しすぎてしまった。
    ハイジ素敵過ぎるぞ。
    自分の中で今年1位だ。手元に置いときたい1冊です!

  • 早く来年のお正月が来ないかなと思う。箱根駅伝がすごく観たくなった。灰二と走の関係がうらやましい。

  • これはいわゆる「チーム男子萌え」ですな!
    個性的な面々、誰か一人が欠けてもダメなチーム。
    努力、友情、反発に仲直り…

    しかも、素人同然のメンバーで、たった一年で
    箱根駅伝を目指すという無茶な目標設定。

    でもそういう紋切り型に収まりきれない
    不思議なリアリティがあるんですよね〜
    一晩で一気に読んでしまいました。面白かった。

    私自身が走るの苦手なので、
    箱根駅伝なんてあんな苦しそうな競技
    とても見ていられないのですが、
    来年は見てしまうかもしれません。

全1329件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

風が強く吹いているのその他の作品

風が強く吹いている Kindle版 風が強く吹いている 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする