風が強く吹いている

著者 :
  • 新潮社
4.40
  • (1925)
  • (760)
  • (541)
  • (20)
  • (11)
本棚登録 : 5596
レビュー : 1330
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104541041

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 駅伝というものに全く知識が無い状態で読み始めました。まず、この表紙が魅力的です。すでに「やられた感」があります。読むにしたがって、徐々に駅伝の魅力と作者の書く言葉のとりこになっていき、心に残った言葉にはふせんを付けながら読みました。最後数ページの清瀬の走りには、思わず鳥肌が立ちました。うまくまとまりすぎと思う方もおられるだろうと感じるラストですが、10人で襷を繋ぎ、来年にも襷を繋いだいいラストだと思います。 箱根駅伝ファンの家族の気持ちがようやく分かったので、来年から一緒に見ます。

  •  面白かった。
     箱根駅伝の話だというのは知ってたんだけど、陸上部が目指す話だと思ってた。まさか素人が目指すとは! それがあり得る話なのかあくまでもフィクションなのかは置いておき、とても面白かった。正月の箱根駅伝は結構気にして見てはいるんだけれど、今年は予選会からしっかり見たくなった。
     箱根本戦で出てくる他大学名にここのことかな、あそこのことかなと当てはめるのがちょっと楽しい。

  • なんだかわからないけど感じていることや思っていることを、「言葉で表せない」で片付けずに頑張ってしっかり自分の言葉で整理してみることは大事な事だと思います。
    ほれぼれ見惚れるほど、走る姿が美しい選手ってたしかにいますね。1年生のときの早稲田の大迫に、私は走の姿を重ねていました。
    話としては確かに夢のようにちがいない。でもこんな指導者に出会って、こんなふうに走るのは、ランナーの夢でもあるね。いい夢です。
    うちの近くでは箱根ではなく全日本駅伝を秋にやるので、いつも中継点にみにいきますが、疾走感はリアルでみるとすごいんですよね。また、今年も見に行くのが楽しみです!

  • いや〜青春だわ!
    アオタケの人たちのつながり、絆みたいなものがすごくぐっときた!
    映画も見ようと思います!!

  • 読後に映画も観たけれども、やはり小説の方が、ひとりひとりの個性や関係を丁寧に描いていて、おもしろい。
    読後に爽快感がずっと残る佳作

  • 私にとっての青春。これを読んで箱根駅伝にはまった人も多いはず。うちの母親はまさにそのパターンです(私も含めて)。この作品に出逢ってから、三浦しをんさんのファンになり、この人の作品に出逢うと何も言わず購入してます。

  • 箱根駅伝に出るために、全てを掛けて来た清瀬と最初は引きずられるように参加して行くアオタケの人達。それぞれの人生とそこに潜む葛藤を乗り越えて行く人達の物語は、出来過ぎの感はあるにしても素晴らしい。ユキちゃん先輩、最高!

  • 箱根駅伝

    私、駅伝やマラソンをテレビで観たりする事もなく全く興味がなかった。
    だから、この本も始めは読む気がなかった。

    三浦しをんさんは 好きで 他にも何冊か読んでるのだけど駅伝・・・? ん~、話的に苦手かなぁ・・・と思ってた。

    ところが、オススメの本として紹介されているのを見てそんなにいいのなら・・・と思い図書館で予約。
    ゆったりした休日を過ごすことができていたので、早速読み始めた。
    1日で読破。 めちゃくちゃ面白かった・・・

    なんじゃこれ。 駅伝・・・凄っ

    三浦しをんさんの 登場人物は いつも愛おしい。
    どの人も。それぞれにキャラが立ってるのに それぞれ素敵で。

    読み終わってお別れしちゃうのが寂しい
    いつまでも 走り続けていたい 走 のように いつまでも物語の中にいたかった 私。

    今までも何度か偏見をなくして、苦手なジャンルにも手をださなくては世界は広がらない。ということを学んできたはずなのに。
    駅伝というハードルに 立ち向かう気持ちがなかったが為にこんなに素敵な本を 読まずに人生を終えるところだった。

    この表紙も素敵でね。
    最初は、素敵では ないんだけど^^
    読んでいくうちに 素敵なのっ

    映像化しても よかろうなぁと思ってたら もうとっくにされてたよ。
    そりゃそうだよな・・・

    でも、映画では時間が足りない気がする。それぞれの人物達の描写をしていくには きっと物足りないと思うなぁ。
    観てないけど。映画も素敵?

    これ、ほんとに誰かにススメたい。

    とりあえず手近にいる長男にすすめる。

    「おれ、こういうの嫌い~」

    読みもせずに、決めつけるな~~!!

    皆様も是非!!
    オススメ!

  • 三浦しをん:作 山口晃:絵 新潮社 初版

    『…カケル、走るの好きか?』(某サッカーマンガ「トシ、サッカー好きか?」を思い出す。この漫画も先輩と後輩の話だったなぁ‥)

    「これは面白い…かも」と、心の隅が感じた時
    フイに読むのを止めたくなるときがある。
    もったいなくて続きが読めない。
    この興奮と喜びと期待を 出来るだけ長く、 私の中に閉じ込めて
    出来るだけ長く、この幸福感に浸っていたくなる。
    でも
    それに気づいたと同時に、この作品を読み終えたときの淋しさと虚無感のことを考えると
    どうしようもなくなる。

    この作品は、私を、久しぶりにこんな気持ちにさせてくれました。

    私にとっては、厚い本に 短い! と思わせる、内容の濃さ。
    読み手を飽きさせないリズムとユーモアに感動するばかり。

    箱根駅伝を目指す、10人の軌跡。奇跡。
    物語は、清瀬灰二と蔵原走が出会ったことからはじまる。
    竹青荘の住人、陸上に無縁な仲間たちと目指す「箱根駅伝」

    登場人物それぞれが生き生きしていて、良いです。
    実写の映画に向いているストーリーだし、キャラクターだなぁと思いました。
    個人的には、キングと似たところがあるので彼を応援してました。
    でも、ハイジとカケルの友情(?)には勝るものなし。
    気持ちのいい読後感です。

    母の影響で、ここ数年箱根駅伝をみているので、舞台裏を見れたなぁというのもあって、役に立った作品。
    確かに、注目選手か、首位争いの場面しかTVに映らないよなぁ‥。
    デジタル放送になれば全大学の走りをみれるようになるのだろうか??

    それと、山口晃氏のカバーのデザインも最高です。
    なんども本を閉じてカバーを見返しました。

  • 駅伝の魅力に開眼すること間違いなし!! この高揚感!疾走感! しおんさん、素晴らしかったです!!

全1330件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

三浦 しをん(みうら しをん)。
1976年、東京生まれの小説家。出版社の就職活動中、早川書房入社試験の作文を読んだ担当面接者の編集者・村上達朗が執筆の才を見出し、それが執筆活動のきっかけになった。小説家の専業になるまで、外資系出版社の事務、町田駅前の古書店高原書店でアルバイトを経験。
2006年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞受賞。2012年『舟を編む』が本屋大賞に選ばれ、翌年映画化された。2015年『あの家に暮らす四人の女』が織田作之助賞受賞。また、『風が強く吹いている』が第一回ブクログ大賞の文庫部門大賞を、2018年『ののはな通信』が第8回新井賞を受賞している。
Cobalt短編小説賞、太宰治賞、手塚治虫文化賞、R-18文学賞の選考委員を務める。最新刊に、『愛なき世界』。

風が強く吹いているのその他の作品

風が強く吹いている Kindle版 風が強く吹いている 三浦しをん

三浦しをんの作品

ツイートする