ビッチマグネット

著者 :
  • 新潮社
3.69
  • (85)
  • (146)
  • (132)
  • (27)
  • (8)
本棚登録 : 943
レビュー : 190
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104580057

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひねくれてるなーと思った。でも、共感する部分もあった。

  • **

  • なにこれ?って感じだった。。。。。
    このタイトルにした意味もよくわからず、何が言いたいのかもよくわからず、疾走感もなく、面白みもなく。。。

  • 会話がメインで一つ一つが短いから
    ページの空白部分が多い。

  • よくわかんないお話だった。
    文学って苦手だー。

  • ネオ家族小説、と帯に書かれているが、
    その実、これは少女小説に過ぎないのです。

  • 主人公の性格や会話のリアルさは好きだけれどもいまいちストーリーが面白くない

  • 淡々としすぎていてつまらなかった。
    芥川賞受賞者なしというのも納得の作品。
    ぐいぐいと読ませる文体は好きなのだが。

    とはいえ私が舞城氏に求めているのはこんなに分かりやすくて、こぎれいにまとまった作品ではないのです。

  • あかりちゃんのくだりはおもしろかった。

  • 図書館にて。
    初舞城。かわいい作品だった。
    ビッチマグネットっていうほどビッチでもマグネットでもないなって思ったんだけど、空回り気味のお姉さんがかわいかった。

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舞城王太郎の作品

ツイートする