ゴールデンスランバー

著者 :
  • 新潮社
4.05
  • (2462)
  • (2108)
  • (1715)
  • (155)
  • (45)
本棚登録 : 14001
レビュー : 2094
  • Amazon.co.jp ・本 (503ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104596034

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1

  • 突然、首相暗殺犯に仕立て上げられた主人公。伏線をすっかり拾い切る伊坂作品にしては珍しく(ご本人もあとがきで拾わなくてもいいものもあるのだ、と言っている)首相暗殺に対する“なぜ”は謎のまま。ひたすら主人公が逃げるお話なので、物足りないと思う人もいるかもしれない。それでもやはり会話や構成の端々に伊坂さんらしさが感じられる作品。特に最後は泣ける。

  • 首相暗殺、身に覚えのない犯人にされる。ケネディ暗殺をもとにした話。大きな力が働いて犯人に仕立て上げられる。大きな力にはやはりあがなえないのか。

  • すごいおもしろかった。

    仙台に住んでいたことがあるので、聞いたことのあるような地名が出てくるたび、あああそこかと思いながら読んだ。

    30年後の手記を書いたのは青柳かと思ったが、それ深読みすぎだったようだ。

  • 伊坂さん作品は今まで機会があれば…て感じでランダムに読んでいた。最初に読んだ作品はなぜか「仙台ぐらし」で、その後「火星に住むつもりかい?」「アイネクライネナハトムジーク」ときて、たまたま図書館で見かけて本作品を手に取った。
    読んだ後の感想:「こんな素晴らしい作品を後回しにしていたとは!」「でも美味しいものを後に取っておいて良かったかも」
    ミステリー&スリラーな逃亡劇と、間に挟まれる大学時代のエピソードが絶妙のハーモニーで絡みながら展開。読了後は切ない気持ちが余韻のように残る。今までに無い読後感でした。

  • 面白いと聞いて期待値が高かっただけに、正直こんなものか、って感じです。
    この手の話ならもっと良い書き手がいるでしょう。

    他の作品は期待して読もう。

  • 様々な登場人物の視点と時間軸から物語が進んで行くので、途中読みにくいかなと思ったが、読了後の序盤の言葉のやりとりが一気に繋がり爽快!
    人を信じること、胸に刺さった。

  • よくできました!

  • すごく良かったです。久しぶりにゾクゾク。最後はほっこりさせられました。

  • 時系列の入れ替えが本当に効果的。最上級のエンタメの中に得体の知れない悪意や陰謀が深々と突き刺さる。ラストの美しさは今作も健在です。

全2094件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

伊坂 幸太郎(いさか こうたろう)
1971年千葉県生まれの作家。東北大学法学部卒業後、SEとして働きながら文学賞応募し、2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞受賞、デビュー作となる。その後作家専業となり、宮城県仙台市に在住しながら執筆を続けている。2004年『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、同年『死神の精度』で第57回日本推理作家協会賞短編部門、2006年平成17年度宮城県芸術選奨文芸部門、2008年『ゴールデンスランバー』で第5回本屋大賞、第21回山本周五郎賞をそれぞれ受賞。同作で直木賞の選考対象となることを辞退したことも話題になった。上記受賞作のほか、『重力ピエロ』、『バイバイ、ブラックバード』、『アイネクライネナハトムジーク』など話題となる作品は多い。代表作も殆どが映画化されている。最新作に『フーガはユーガ』。

ゴールデンスランバーのその他の作品

伊坂幸太郎の作品

ツイートする