五輪ボイコット―幻のモスクワ、28年目の証言

著者 :
  • 新潮社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104600038

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • モスクワ五輪を扱った本が意外にもなかなかないもので、ようやく出てきたこれは2008年の本という、売れないだろうに素晴らしい企画!ボイコットに何らかの形で関わった、またはメディアの人間だったりの証言集でして、そのため人物の項目が移るたびに同じ話が繰り返されるのが残念なつくりではあるんですが、古橋廣之進が意外にも不参加やむなしの主張で、しかもそれはあの時代だからこそ感応しえない感覚があって…昔の話だからなあ、なんて言ってられないなと思うのは、世論が少しでもバランスを失えば今だってこうした議論が沸き起こる可能性があるってことです。それに警鐘を鳴らした本でもあります。

  • お金も政治もバリバリからんで ほんとにいかがわしいものに なっているんだと思う自分の国が強い競技しかテレビ放映されなかったりするし。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

松瀬学(まつせ・まなぶ) 1960年、長崎県生まれ。福岡・修猷館高校、早稲田大学ではラグビー部に所属。83年、共同通信社に入社。運動部記者として、プロ野球、大相撲、オリンピックなどの取材を担当。96年から4年間はニューヨーク勤務。02年に同社退社後、ノンフィクション作家に。人物モノ、五輪モノを得意とする。RWCは1987年の第一回大会からすべての大会を取材。日本文藝家協会会員。元RWC組織委員会広報戦略長、現・日本体育大学准教授。著書は『汚れた金メダル−−中国ドーピング疑惑を追う』(文藝春秋)、『なぜ東京五輪招致は成功したのか』(扶桑社)、『東京農場−−坂本多旦いのちの都づくり』(論創社)など多数。

「2019年 『ノーサイドに乾杯!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松瀬学の作品

ツイートする
×