さよなら渓谷

著者 :
  • 新潮社
3.44
  • (56)
  • (253)
  • (316)
  • (46)
  • (10)
本棚登録 : 1327
レビュー : 291
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104628049

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 想像よりもハラハラする要素が少なく、なんとなく話の行く先が見えてしまった。
    被害者の復讐の心理がよくわからなかった。

  • 上辺、見かけと中身との乖離。体育会系にありがちである見た目、ストーリーの良さとは裏腹の一皮剥けば欲、狡さの塊。自分の為に誰が傷ついても、犠牲になっても構わない… だけど巡り巡って自分に全てが返ってくる、当たり前と言えば当たり前の因果かなと思う。
    人が生きることは綺麗事、理屈で済まされないというロールモデル、物語。

  • 一気読みしました。自分の居場所を見つけられなかった男女が最終的に行き着く先、そこには愛があってほしい。 加害者、被害者、それぞれの葛藤に胸が締めつけられる。 今より良くなりたい、変わりたい、そして自分を肯定してほしいと思うのはどんな人間にも共通する心理。 現実にはあり得ない関係かもしれないけれど、世の中には自分の想像を越える出来事なんていくらでもある。もしかしたら、と思わせる所に筆致力を感じました。

  • 読んでる間ずっと、肌にべっとりとまとわりつく湿気というか、夏のあの独特の蒸し暑さを感じた。

    過去の事件も現在も夏にあることで、あの夏から逃れられない感がより際立つ。

    登場人物の心理描写の距離感もよかった。
    加害者と被害者の心の底なんて、分からない。
    かなこが、夫婦の仲なんて一言で言えないだしょう?みたいなことを言っていたのが、この物語の全てなのかなと。

    ラスト、俊介は幸福なのか、いや不幸だからこそ彼は幸福なのかとも。

  • 大学の名門野球部で起きた集団レイプ事件の被害者と加害者の間の他人には理解しがたい憎しみとシンパシーの感情を描いています。とても重いテーマです。

    後半で、息子も娘ももつ父親の発言として、娘が被害にあったら「犯人を殺してやりたい」と思うけど、息子が加害者だったら「そんな小さなことで将来を棒に振るな」と思う、というくだりにショックを受けました。

    「怒り」「悪人」の吉田修一さんは、犯罪当事者の心情を掘り下げる専門家の趣きです。
    ただ、あえて不満を挙げれば、加害者も主人公にしているせいか、実際のレイプのシーンがあいまいで、本当の犯罪の卑劣さが描き切れていないのではないかと思ったこと、本筋ではない里美の息子の事件の真相がはっきりせずもの足りない感じがすることですかね。

  • 性被害にあった女性への蔑視は、多くの人の心の底に隠れている性への価値観の本音と、差別の表れなのだと思う。

    犯罪に至る、集団が生む不可解な興奮状態や抗えない空気も本当に怖い。

    誰からもゆるされなかった彼女の選択に胸が詰まる。

  • これはあの事件を・・・、と思ったら、物語の本筋は、違うところ。嫌な事件が扱われている。幸せになることを許されない、切ない話。

  • うーむ、評価が難しい作品。3時間以内で一気に読めてしまった。登場人物の心情に共感できないが、それは仕方ないのだろう。

  • 最近、大学生の集団レイプ事件が多いけれど…。この作品では、加害者と被害者の事件後の不思議な繋がりが描かれています。吉田作品らしい暗くて重くて、とても理解できないような2人の感情。それなのに何故か強く惹きつけられる、もっと知りたくなる不思議な作品です。やっぱり力のある作家だなぁ、とあらためて思いました。

  • 集団レイプを起した犯人と被害者のその後を描く作品。

    二人とも幸せになれずにいる。ネット社会では過去は消せない。

    それが若者の無難な生き方に通じていっているのかもしれない。

全291件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

吉田 修一(よしだ しゅういち)
1968年長崎県生まれ。法政大学経営学部卒業後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。1997年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞しデビュー。同作は第117回芥川龍之介賞候補にもなった。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞を同年「パーク・ライフ」で第127回芥川龍之介賞、2007年『悪人』で第61回毎日出版文化賞及び第34回大佛次郎賞、2010年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞、2019年『国宝』で第14回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。2016年には芥川龍之介賞選考委員に就任している。その他の代表作に、2014年刊行、本屋大賞ノミネート作の『怒り』。2016年に映画化され、数々の映画賞を受賞。

さよなら渓谷のその他の作品

吉田修一の作品

ツイートする