さよなら渓谷

著者 :
  • 新潮社
3.44
  • (56)
  • (252)
  • (316)
  • (46)
  • (10)
本棚登録 : 1327
レビュー : 291
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104628049

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 隣家で起こった事件から、夫婦の過去が明らかになったいく。
    言葉では言い表せない深い作品。傑作だと思う。
    扱っている題材が重くて、読んでて辛かった。
    (図書館)

  • 憎んで離れられず。許しを請うて離れず。
    それも愛なのですか?

  • 隣人の子供が殺された事件から、夫婦の過去が明らかになっていく。

    夫である尾崎俊介は、昔ある事件を起こしていた。
    加害者である尾崎はずっと後悔をしていたのか?
    それとも忘れて過ごしていたのか。
    きっと悔いながら生きていたのだろう。
    被害者から許されることはないと思いながら。

    妻のかなこは謎の多い女だったが、ある記者が気づいたことで、二人の関係性も明らかになった。


    ストックホルム症候群というものだろうか?
    理解しがたいが実際にこういうことはあるらしい。



    途中新聞社の記者が娘が同じことをされたら?と問われ「やったやつをぶっ殺す」と答えていたけど、親の気持ちとしてはそうだろう。



    最後の場面、俊介は今後どうするのだろうか。

  • 最近私の中で吉田修一ブーム。読んだ後必ずしも清々しい気持ちになるわけではないんだけどまた読みたくなる。ふたりの過去がわかった瞬間のなんとも言えないあのざわつき。ふたりでいることでしか生きてこられなかった二人の話。

  • 題名からは想像もつかない内容でした。
    憎しみから始まった「尾崎」と「かなこ」の関係。
    憎しみなんか無縁だったはずの「渡部」と「詩織」。
    渡部が尾崎に、事件を起こさなかった人生とかなこさんと出会った人生のどちらを選ぶか問うシーン。
    ずしっと心に響きました。
    今朝、新聞記事で読んだ「憎しみゆえに許す」という言葉が頭から離れません。

  • 映画化されてたので読んでみた作品

    内容が内容なだけに暗い気持ちになります
    どんなに時間が経とうと加害者も被害者も
    決してその事件からは逃れられない…
    と言いたい所だけど
    被害者の苦しみは死ぬまで続くのに
    加害者は刑期を終えれば何も無かったかのように
    社会に溶け込んでるんじゃないか?と思わせる加害者が出てきました

    俊介とかなこの気持ちが適度に書かれていないので
    こうであって欲しいとか、こうなって欲しいとか想像が膨らみます

  • 913.6ヨシ 2015.8.9

  • 再読してみようと思ったのは、この作品が実際にあった事件をモデルにしている事を知ったからだった。
    レイプ事件の被害者と加害者の問題を提示しているこの作品。若さゆえの過ちというには余りにも悲惨だ。読後感は決して良いとは言えない。

  • 10年以上前に起こった大学野球部による女子高生レイプ事件。被害者も加害者も過去を抱えて生き続ける。贖罪と愛情。

    畠山鈴香の事件をモデルにした話かと思いや、ぜんぜん違った。その隣人の話だった。

    人間の繋がりは一筋縄ではいかない。色んな繋がり方がある。この話の繋がりは愛情だったのだろうか。最初は違ったということだろう。憎むべき男に復讐しようと警察に嘘を言ったが、もはや彼らは愛情で繋がり始めていた。
    うーん。すごい。壮大だ。

  • ゆがんだ愛のカタチ。映画の真木よう子がたまらなくすばらしかった。

全291件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

吉田 修一(よしだ しゅういち)
1968年長崎県生まれ。法政大学経営学部卒業後、スイミングスクールのインストラクターのアルバイトなどを経験。1997年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞しデビュー。同作は第117回芥川龍之介賞候補にもなった。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞を同年「パーク・ライフ」で第127回芥川龍之介賞、2007年『悪人』で第61回毎日出版文化賞及び第34回大佛次郎賞、2010年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞、2019年『国宝』で第14回中央公論文芸賞をそれぞれ受賞。2016年には芥川龍之介賞選考委員に就任している。その他の代表作に、2014年刊行、本屋大賞ノミネート作の『怒り』。2016年に映画化され、数々の映画賞を受賞。

さよなら渓谷のその他の作品

吉田修一の作品

ツイートする