四畳半王国見聞録

著者 :
制作 : 古屋 兎丸 
  • 新潮社
3.29
  • (87)
  • (302)
  • (514)
  • (129)
  • (22)
本棚登録 : 3197
レビュー : 408
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104645039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ついに証明した!俺にはやはり恋人がいた!」。二年間の悪戦苦闘の末、数学氏はそう叫んだ。果たして、運命の女性の実在を数式で導きだせるのか(大日本凡人會」)。水玉ブリーフの男、モザイク先輩、凹氏、マンドリン辻説法、見渡すかぎり阿呆ばっかり。そして、クリスマスイブ、鴨川で奇跡が起きる・・・。森見登美彦の真骨頂、京都を舞台に描く、笑いと妄想の連作短編集。(背表紙より)

    連作短編集・・と言っても、全部繋がってますね。ぜーんぶ、ぽかーんと口があくようなバカバカしさでサイコーです(笑)。「有頂天~」の時も思ったけど、女性キャラがいい!醒めてて現実的でステキ。続きというか、もっと深く読みたいですね。

  • 京都の四畳半を舞台に果てしなく繰り広げられる妄想と夢想の虚実綯い交ぜの森見ワールドは非常に難易度が高い。他作品の登場人物も所々に顔を見せるだけに、少なくとも四畳半神話体系を先に読んでから手に取るべき作品だろう。もはや奇々怪々な四畳半世界と阿呆神や、気を抜いているわけでもない筈なのに誰が語り手なのかすらわからなくなってしまうような難解極まりない文章を楽しめないわけではないが、読み終えた今でもさっぱり意味はわからないのである(>人<;)

  • 森見作品の登場人物が結構出てる!神話大系メンバーらしき人たちも!
    (明石さんと思われる)黒髪の乙女は呟いた。「見渡すかぎり阿呆ばっかり」
    三浦さんは呟く。「阿呆だわ、こいつ」
    ええもう。まったく同感です。

  • 視点の変わり方が興味深かった。
    忘れている作品とつながっていたりするのは気になったけど、再読するほどではなかったかというのが正直なところ。

  • 眠りの呪文をかけられたかのように、休憩中はお昼寝ばかりしてたから、久しぶりの読書感想文ww

    独特の世界観。
    阿呆神さまはアホ。
    本を読んでて1人で笑ってしまったのは初めてやったかもww
    コメディー小説でした(笑)

  • 一行目から森見登美彦ワールドにぐいいっと引き込められ、本当はもっとじっくり読み進める予定だったのがすぐに読み終えてしまいました。やっぱ森見登美彦さんすごい!

  • ほかの森見作品とのリンクがたくさんあって楽しめました!!
    阿呆な事は良きこと哉。(笑)

  • 登美彦氏の四畳半的京都にまた愉快な連中が加わったようです

  • 右を見ても左を見ても小物で輝かない阿呆ばかり。それでも心底楽しそう。賢く難しく生きるばかりが人生ではない。阿呆に生きたほうが楽しいでしょ。
    熊本学園大学:(霧志摩)

  • 面白かった。決してスカッとする読み口ではないのだけれど、くだらないことを一生懸命やるあの楽しさを思い出した。
    中二病をこじらせ続けることはきっと熟成とも言っていいのかも知れない。オシャレに熟成させると村上春樹になるけど、雑多に、ただ熟成させるとこうなるのかも。ただどちらも詭弁的。
    屁理屈を屁理屈と思わずに、機関銃のように羅列していく語り口はもはや気持ちがいい。

全408件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

森見登美彦(もりみ とみひこ)
1979年奈良県生まれの作家で、京都を舞台にした作品が多い。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2006年に『夜は短し歩けよ乙女』で本屋大賞2位、山本周五郎賞などを受賞し注目を集める。2010年『ペンギン・ハイウェイ』で2010年日本SF大賞、2014年『聖なる怠け者の冒険』で第2回京都本大賞、2017年『夜行』で第7回広島本大賞をそれぞれ受賞。2010年に『四畳半神話大系』がTVアニメ化、2018年8月に『ペンギン・ハイウェイ』が劇場アニメ化された。2018年11月に『熱帯』を刊行し、第160回直木賞、2019年本屋大賞にノミネートし、第六回高校生直木賞受賞。

四畳半王国見聞録のその他の作品

森見登美彦の作品

ツイートする