四畳半王国見聞録

著者 :
制作 : 古屋 兎丸 
  • 新潮社
3.29
  • (87)
  • (302)
  • (514)
  • (129)
  • (22)
本棚登録 : 3197
レビュー : 408
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104645039

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 不毛だ!けれどすごい濃さだ。

    久しぶりにこのシリーズ?を読んだ。何だかよくわからないけど、すごいことを成しているように思えてきたところで、やっぱりすごい不毛さに笑いなしには読めない話。濃すぎる交友関係に、もう一度大学生という特殊な環境を味わいたくなった。前の作品も読みなおさなければ!

  • パラレル?四畳半王国見聞録。
    ナイスな書名。言い得て妙。

    ようやく読み終わりました!
    途中、四畳半世界の複雑さにくらくらしましたが、
    読み終えれてよかった。
    短編だけど、全体の話が繋がってるので、間を空けず読んだほうが面白いと思う。

    素敵に無益ですね!
    最後の「四畳半王国開国史」に、じーん・・と、してしまった自分にびっくり。
    良い話だったーー

    「真夏のブリーフ」と「大日本凡人會」がすきです。
    妄想的数学の雨とモザイクから生まれた雪だなんて!ロマンチック!


    それで、四畳半王国を建国したのは、結局。。
    だれなんだろう、樋口さん?

    わかりませんが、検証するほど、わたしも暇じゃない。

    アディオス。
    アデュー。
    グッド・バイ。

  • 本当に「ワロタ」
    賢くも世の中では浮いてしまう京大生が描かれている
    まあ、フィクションの範疇ではあるが、、、
    阿呆神のお世話にならないようにしなければね

  • あー限りなく自業自得っぽいとはいえなかなかに切ない「グッド・バイ」の次に「四畳半王国建国史」が来るわけね

    で結局この名前が出てない主人公って一体。

  • 初読。森見3冊目。
    前に読んだ2冊ともリンクする短編集。
    作品によって雰囲気が色々で楽しめました。「蝸牛の角」が好き。

  • 2013/08/21に紹介された本

  • 森見ワールド全開
    関連本を全部並べて読んでみたい。

  • 大好きな小津君がちょこちょこでてました。

  • 能力がある、と思っている(実際あるんだろうけれど)コミュ障男子学生のお話。ものすごくねじ曲がっているけれどなんだか憎めないです。笑

  • 購入してからはや半年、読もう読もうと思っているうちに文庫版が出てしまった。無念。

    「見渡すかぎり阿呆ばっかり」の安定の森見節でにやにやしながら読みました。が、良くも悪くも男汁が溢れすぎて、たぶんファン以外は読みにくくてよく分からない本、という印象しか残らないのでは、という気がします。

    他の作品とのゆるいつながりとかもあるので、森見作品を初めて読むという人が身近にいれば、私は別の作品を勧めます。

全408件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

森見登美彦(もりみ とみひこ)
1979年奈良県生まれの作家で、京都を舞台にした作品が多い。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2006年に『夜は短し歩けよ乙女』で本屋大賞2位、山本周五郎賞などを受賞し注目を集める。2010年『ペンギン・ハイウェイ』で2010年日本SF大賞、2014年『聖なる怠け者の冒険』で第2回京都本大賞、2017年『夜行』で第7回広島本大賞をそれぞれ受賞。2010年に『四畳半神話大系』がTVアニメ化、2018年8月に『ペンギン・ハイウェイ』が劇場アニメ化された。2018年11月に『熱帯』を刊行し、第160回直木賞、2019年本屋大賞にノミネートし、第六回高校生直木賞受賞。

四畳半王国見聞録のその他の作品

森見登美彦の作品

ツイートする