幻痛(ファントムペイン)

著者 :
  • 新潮社
2.71
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104653010

作品紹介・あらすじ

あれは事故だった。夫の使うチェーンソーの操作ミスで、私は小指を失くした。その後、彼は何も言わずに家を出る。それきり音信不通だった夫が、拳銃で人を撃った挙げ句、廃屋に立て篭もっているという。しかも、女子高生と赤ん坊を人質にして。被害者の家族を巻き込んで展開する説得劇のさなか、一発の銃声が世界のすべてを暗転させた-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正直面白さが分からない。被害者の妻と加害者の母の視点からストーリーは進んでいくが謎がいまいち。

  • じわじわ型のサスペンス。物語の芯になる「事件」がやたらと外側から客観的に描かれているので、この部分が気になって。……あ、これも「幻痛」なの?
    ラストのアタッシェケースは巧いなあ。全体的には「憎悪の物語」という気がしていたのだけれど、ラストのこれで一気に読後感がよくなった感じ。

  • ついついというべきか
    なぜこんな本を借りるのか
    自分でも時々疑問なのだが

    痛みが紛れるのか?

全3件中 1 - 3件を表示

牧村泉の作品

ツイートする