生命と偶有性

著者 :
  • 新潮社
4.00
  • (9)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 119
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104702039

作品紹介・あらすじ

人類と偶有性の格闘の歴史をたどり、「何が起こるかわからない」世界と対峙する覚悟を示す、新しい生命哲学。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もう、だいすき!

  • 人間の脳はどこまで学んでも完成型のないオープンエンド生命を持っている。人生勉強、偶有性の海に飛び込んで次なる成長を促そう。

  • 短いですがこちらに書きました↓
    http://esk.blog9.fc2.com/blog-entry-907.html

    偶有性の海に飛び込もう!

  • 2016/7/21読了。

  •  少し難しめの内容でも何とか読めます。
     偶有性はどのようにして維持できるのでしょう。

  • いい本です。

    本気の思索なのかはわかりません。
    本気だと思います。けれど学問的ではないといったところ。

  • 人間は生きてゆく中で、常に安定性を求め、学歴を気にし、大手会社に就職したり、永遠と信じる愛を手にするため結婚という手段をとったりする。
    しかし、生きている限り、偶有性の海の中を泳いでいるのと同じで、全てが変わってゆくし、最高の状態を保てる保証などどこにもないのである。
    偶有性を直視し、認めた上で覚悟をするしかないのだ。安全、確実さを求め過ぎると、生命を育む空気であったはずの偶有性を失うことになる。
    暗闇のなかであがき続ける私達の心の中にさまざまなクオリアが輝くことを期待し生きてゆくのだ。

全7件中 1 - 7件を表示

茂木健一郎の作品

生命と偶有性を本棚に登録しているひと

ツイートする