甘い記憶―6 Sweet Memories

  • 新潮社
3.09
  • (4)
  • (22)
  • (93)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 310
レビュー : 63
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104731510

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 井上荒野、江国香織、川上弘美、小手鞠るい、野中柊、吉川トリコによるアンソロジー。森永チョコレートのキャンペーンのために書かれた6ショートストーリーだそうです。

    中でもよかったのはこのふたつ。

    小手鞠るい「湖の聖人」
    これはどこがいいというよりは全体的によかった。
    統一感と、安定感と、世界が見える感じ。
    うん、なんかいいなーー
    そして好きな人と旅に出たくなるな。
    一緒に世界中周れるようなひと理想だ!

    野中柊「二度目の満月」
    【明日も生きよう、明後日も生きよう。また彼に会える夜まで】
    言葉ひとつひとつが綺麗。
    華やかで、でもさみしい夜がなめらかに描かれてた。

    この二人の本は全然読んだことなかったんだけど、
    ちょっと探して読んでみようかなと思いました。
    アンソロジーのいいところって、新しい出逢いがあるとこだなあ。

  • さらっと読めるストーリーたち。まぁ、そんな感じ、って感じで(笑)、心に残る、っていうほど「ずどん」と感じるものは無かった。あま〜い、でも、カカオの配分の多いダークなチョコレートはやっぱ小手毬るいかな。あの手紙がいい。そして、やっぱり川上弘美。江國香織は毎度、期待が大きい分、落胆も大きい。好みなんだろうけど。野中柊「二度目の満月」に出てきた赤胡椒と粗塩を添えたベネズエラ産のショコラに琥珀色のウィスキーは、なんともいい取り合わせ。ご相伴したい(苦笑)。

  • さらっと読めるストーリーたち。まぁ、そんな感じ、って感じで(笑)、心に残る、っていうほど「ずどん」と感じるものは無かった。あま〜い、でも、カカオの配分の多いダークなチョコレートはやっぱ小手毬るいかな。あの手紙がいい。そして、やっぱり川上弘美。江國香織は毎度、期待が大きい分、落胆も大きい。好みなんだろうけど。野中柊「二度目の満月」に出てきた赤胡椒と粗塩を添えたベネズエラ産のショコラに琥珀色のウィスキーは、なんともいい取り合わせ。ご相伴したい(苦笑)。

著者プロフィール

1961年東京都生まれ。1989年「わたしのヌレエフ」でフェミナ賞、2004年『潤一』で島清恋愛文学賞、08年『切羽へ』で直木賞、11年『そこへ行くな』で中央公論文芸賞を受賞。ほかに、『もう切るわ』『だりや荘』『誰よりも美しい妻』『ベーコン』『つやのよる』『キャベツ炒めに捧ぐ』『ほろびぬ姫』『虫娘』『悪い恋人』『リストランテ アモーレ』『ひどい感じ 父・井上光晴』『ママがやった』など著書多数。

「2018年 『100万分の1回のねこ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上荒野の作品

ツイートする