アミダサマ

  • 新潮社
2.73
  • (6)
  • (32)
  • (89)
  • (68)
  • (17)
本棚登録 : 385
レビュー : 101
  • Amazon.co.jp ・本 (289ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104734023

作品紹介・あらすじ

幼な児の名はミハル。廃棄された冷蔵庫から生れた物言わぬ美貌の子。ミハルが寺に引き取られてから集落はじわじわと変わってゆく。そして猫の死。そして母の死。アミダサマ!ミハルは無心で阿弥陀仏に何かを念じているようだった。冥界へ旅立つ者たちをその手で引き止めるために。痛切なその叫びは冷蔵庫の扉を開けた男にもしっかりと届いていた…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もうつらい…読みたくない…なんでこんなに嫌なことばっかりあるんだ…
    もう読みたくないんだ!
    …と思いながら、でもページをめくるのを止められずに読みました。
    沼田まほかるさんの引き込む力がありすぎておそろしい…

    でも、読み終わってみたら、醜いものを越えての人の心の強さとか、優しさとか、尊さとか、そういうものが胸に迫ってきます。
    お願いだから、悠ちゃんと律子さんは幸せになってください。
    生まれてくる赤ちゃんも、三人で思いっきり幸せになってください。
    きっと幸せになるはず。
    だから、私の中ではハッピーエンドです。

    ジョウガンと千賀子が好きです。
    千賀子は、最後は自分で決めて終わらせたんですね。
    強い人だ。
    その輝きがどんよりした暗さを払ってくれました。

  • 幼な児の名はミハル。廃棄された冷蔵庫から生れた物言わぬ美貌の子。ミハルが寺に引き取られてから集落はじわじわと変わってゆく。そして猫の死。そして母の死。アミダサマ!ミハルは無心で阿弥陀仏に何かを念じているようだった。冥界へ旅立つ者たちをその手で引き止めるために。痛切なその叫びは冷蔵庫の扉を開けた男にもしっかりと届いていた…。(「BOOK」データベースより)
    うーん。あまりにも色々な事が最後まで謎のままですっきりしない。じわじわとした怖さはあるが、それよりも、えっ?という感想が勝ってしまう。

  • 少女の無垢でひた向きな願いがやがて周りを歪めていく。作者は僧侶であったので仏教に対する作者なりの見解が興味を引きました。チラシにあった紹介文に誘われるように読んだけと、読後先日読んだ本の作者と一緒だったと知った時の方が怖かった…

  • dark, dark, dark. どうして手に取ってしまったんだろう、と半ば後悔しながら、でも絶対主人公は死んだり飲み込まれたりしないよね?ね?と願いながら読み切った。親の老いに直面した人にはぎくりとするシーンがあると思うが、人には勧められない。

  • 恩田陸の常野シリーズを思い出すような超能力作品。
    しかし…若干ツメが甘い。頭の中に響く声に導かれ廃車置き場に捨てられた冷蔵庫の中から少女を助け出す…のは良いのだけど、能力はそっちのけで途中から猫に憑依された養母の話ばかりで、他のキャラクターの話がそっちのけ、最期に強引に集合させて、強引に決着させた感じに「なんじゃ、その終わり方は?」と思わずつぶやいた。

  • なんだろう、よく分からないまま読み進み、よく分からないまま終わってしまった。満足感もなく、かといって不満足でもない不思議な感じだった。
    なんでこの作品を手に取ったのだろう…?

    沼田まほかるさんの作品は「猫鳴り」を読んでたようだが、珍しく星5を付けていた。それなのにまったく思い出せない…
    まったく参考にならない不思議なレビューになってしまった…

  • 読了日2010/07
    ミステリーというよりホラーな感じ。
    ホラーでも、怖いぃ~!寒いぃ~!って感じじゃなく
    何か、気持ちの悪い雰囲気が漂ってて、ゾワーっていうホラー。
    そういう雰囲気を文章で表現できるってすごいなぁと思う。
    最後は、ぼんやりとした感じで終わったけど、この本の雰囲気にあってる気がして、いいと思う。

  • 【あらすじ】
    幼子の名はミハル。産廃処理場に放置された冷蔵庫から発見された、物言わぬ美少女。彼女が寺に身を寄せるようになってから、集落には凶事が発生し、邪気に蝕まれていく。猫の死。そして愛する母の死。冥界に旅立つ者を引き止めるため、ミハルは祈る。「アミダサマ!」―。その夜、愛し愛された者が少女に導かれ、交錯する。恐怖と感動が一度に押し寄せる、ホラーサスペンスの傑作。

    【感想】

  • 無垢な少女の悪気のない欲が死ぬはずだったものをとどめて周囲が狂い死していく。人が少しずつ狂っていく恐ろしさ。どす黒い感情が感染して周りも狂っていく。怖いというより気持ち悪さでいっぱいだった(*ノÅ`)怖いもの見たさで気軽に読んでみたら結構凹んでしまったw2016.05.26読了。

  • 先を読ませる力の強さはさすがの沼田まほかるだけども、展開の説得力や物語自体の面白味はあまりなく、読み終わっても特に心が動かされなかった。

全101件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

沼田 まほかる(ぬまた まほかる)
1948年、大阪府生まれの小説家。女性。奈良県在住。読んだあとイヤな後味を残すミステリーの名手として、「イヤミスの女王」という称号で語られることもある。
寺の生まれで、大阪文学学校昼間部に学ぶ。結婚して主婦になり、母方祖父の跡継ぎを頼まれ夫がまず住職となるが、離婚を経て自身が僧侶になる。50代で初めて長編を書き、『九月が永遠に続けば』で第5回ホラーサスペンス大賞を受賞、56歳でデビュー。
2012年『ユリゴコロ』で第14回大藪春彦賞を受賞し、2012年本屋大賞にノミネート(6位)。それを機に書店での仕掛け販売を通じて文庫の既刊が売れ出し知名度を上げた。
代表作『ユリゴコロ』は2017年9月23日に吉高由里子主演で映画化。同年10月、『彼女がその名を知らない鳥たち』も蒼井優・阿部サダヲ主演で映画化された。他の代表作に、『九月が永遠に続けば』、『猫鳴り』、『アミダサマ』。

沼田まほかるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アミダサマを本棚に登録しているひと

ツイートする
×