ご先祖様はどちら様

著者 :
  • 新潮社
3.37
  • (9)
  • (16)
  • (31)
  • (8)
  • (1)
本棚登録 : 213
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104738038

作品紹介・あらすじ

自分って何者?ルーツ探しはこんなに面白い!じわり感動のノンフィクション。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先祖を巡る話というのは、事実と物語が入り交じっていて、親バカ話の純度を高めたような楽しいような苦痛のような不思議な話になるものだ。その辺のデタラメさ加減と、冷静な計算と、いざ話が自分のことになると冷静ではいられなくなってしまう浮き足立った感じが丁寧に再現されていて、実にくすぐったくオツな読書体験だった。
    高橋秀美を読むのは初めてだったが、書評から見える人物像(丁寧かつ適当、腰は低いが傲慢、真面目なんだが笑える)がご先祖様を巡る話とよくあう。

    大学時代に一度計算したことがあったけど、息子を授かった今、あらためて計算してみた。
    一世代25年として、(息子が生まれた)2010年から世代をさかのぼって行くと、父母が2人、祖父母が4人、曾祖父が8人、とたどれる先祖の数は爆発的に増えていく。計算を続けると、35代前の1185年に約860万人になる。平家滅亡の壇ノ浦の合戦の年。これは当時の日本の人口(700万人弱)を上回る数字なので、逆に言うと、今の日本人全員と親戚ですといっても計算上はおかしくないということ。
    「うちの先祖は平家の流れで」という語りは、じゃあ無意味かというとそうでもなくて、自分は駅伝の一員だという意識は生物学的にも親族論的にも心理学的にも意味があると、本書を読んで改めて思う。

  • そんなに頻繁に顔を出しているわけでもないが、親戚同士の集まりが大嫌いである。ましてや墓参りなど、その極致である。人生で数えられるくらいしか会ったことのない、姿形の似た人たちが、よってたかって何度も何度も同じことを聞いてくる。「興味がないなら、聞かなきゃいいのに」と思いながら、どうやってその場を抜け出すかを思案する。夏の風物詩だ。

    本書はそんな自分にとって最も苦手なテーマ、「先祖様」について書かれた一冊。驚くことに、著者自身の先祖を辿るという個人的な記録である。この赤の他人の先祖を辿る話が、不思議なくらいに面白い。なにしろ、そのきっかけからして変わっている。結婚披露宴で出会った同業の先輩から「なんてったって、お前は最後のジョウモンだからな」と、突然縄文人呼ばわりされる。そして、「縄文人について知りたければ、三内丸山遺跡で佇め」と言われるところから、著者の先祖を巡る「佇みの旅路」が始まる。

    ◆本書の目次
    序章  俺たち縄文人
    第一章 ご近所の古代
    第二章 爆発する家系図
    第三章 もやもやする神様
    第四章 ご先祖様はどちら様?
    第五章 多すぎる「高橋」
    第六章 たぎる血潮
    第七章 家紋のお導き
    第八章 とても遠い親戚
    第九章 天皇家への道
    終章   またね、元気でね

    他人の家系を辿る記録に、なぜここまで引き込まれるか?それは著者の軽妙洒脱な語り口によるところも大きいが、自分自身が同じことを行っても、大なり小なり同じような結論が出るだろうと思えるからである。著者は市役所へ行き、父方の家系図を入手し、戸籍を辿り、神話を探り、本籍地まで赴くのだが、その先は杳としてわからない。今度は母方を辿り、本籍地へ赴き、墓地へ行き、家紋を探るのだが、源氏だか平氏だかも漠としてくる。

    その飄々とした旅路の中で、時折見せる著者の視点が秀逸である。

    考えてみれば、戸籍に登場する先祖たちも私にとっては子供のイメージだった。出生を調べたのだから子供を想像するのは当然なのだが、先祖が子供だと時間軸が反転してしまう。私が彼らの末裔というより、彼らが私の末裔のような気がしてくるのである。

    お互いが混とんとしているから、つながっていないとも言い切れないのである。逆に言うなら、家系がわかるということは、つながりを限定してしまうこと、家系がわからないからこそ、「つながっているかもしれない」というつながり感覚は広がっていくのである。

    この独特な視点の提示により、著者の家系を巡る旅路の追体験が、まるで自分のことのように思えてくる。読了後には、心地よい疲労感すら感じる。家系の歴史を紐解くということは、偉人達の歴史の中に、自分自身をプロットするということである。つまり、歴史を客体として見るのではなく、妄想しながらも主体として見る。ここに、大きな意味があるのだ。

    家系という、最も身近な歴史に目を向けること。それは人生観や歴史観を変えるような大きな出来事につながるかもしれない。今度の墓参りは今までより、いささか楽しくなりそうである。

  • ノンフィクション
    歴史

  • 著者がおのれのルーツをたどる顛末記だが、家系というものについてのなかなか深い考察を含む。たいていの人にとっては、何代かさかのぼれば過去を生きた人々の痕跡は儚く消えうせており杳としてつかめない。しかし、ルーツを求める気持ちやみがたく、家系をみずから作り出すことこそ当たり前という、まるで逆立ちしたような結論に至る。それも先祖の数は代をさかのぼるごとに2倍になる(とりあえず重複を考えなければ)ので20代さかのぼると100万人、27代前には1億人を越えてしまうことからすれば、大体誰の先祖にも立派な人、有名な人がいておかしくない道理でもある。だいたい武士として系図を引けば、清和天皇か桓武天皇につながってしまうわけで。また著者が、戦時下であった自分の父母の子供時代や、子供3人に先立たれた先祖について思いを馳せるところはしみじみする。


    ・縄文時代が歴史教科書に登場したのは戦後のこと。それまでは日本人の先祖は天孫族だとして縄文人は野蛮な先住民あつかいだった。

    <blockquote>考古学とは、何かを考えることが何かを考える上で重要だと考えたりする世界。</blockquote>
    ・遺跡の発掘調査は土木工事がそこであるときに検討される。業者から届出を受けた教育委員会が試掘をするかどうか判断し、もし遺跡が見つかれば、発掘調査か現状保存か選択する。発掘調査は金よ手間がかかるので、盛土するなどして「保存」したまま工事するのが主流だったが(後世のほうが発掘技術も発達しているだろうし)、耐震のため地盤を深く掘るようになって発掘調査が増えてしまっている。

    ・古代には氏(うじ)、姓(かばね)が使われていたが徐々に忘れ去られ、武士階級から字始まった苗字が主流になっていった。江戸時代には苗字帯刀は武士階級の特権だったが、じつは他の身分の人の多くも苗字を持っていたらしい。ただ富山県新湊では、苗字ではなく屋号のようなものが使われていて、それが明治以降に苗字に流用された事例が紹介される(釣さん、菓子さんとか)。

    ・GHQにいたヘルプスという人物が戸籍マニアになってしまい、戸籍制度は温存されたとか。

    ・沼田頼輔『日本紋章学』、高澤等『日本家紋総鑑』『都道府県別姓氏家紋大事典』

    <blockquote>家系図は事実とは別に、本人たちが選択するものなのかもしれない。どっちなのかではなく、どっちにするかという意志の問題。先祖たちは意志で系図をつなぎ。その系図に末裔も意志でつないでいく。家系図とは、血筋というより意志の積み重ねを描いた線なのだ。</blockquote>
    <blockquote>天皇陵だから祀るのではなく、祀るから天皇陵になるということ。</blockquote>あまりにも寂れた「清和天皇陵」を訪ねて

    <blockquote>仏教を広めるためには「無」を訴えるより日本にもともとあった「不滅の霊魂」という信仰を利用したほうが好都合だった。それゆえ仏教は「無」と謳いながら、霊魂を供養する不思議な教えになっていったのである。</blockquote>浄土真宗にはやや宗教改革的なテイストがあるか

  • 成毛眞氏のブログ経由で知った本。

    昨年祖父が亡くなった時に、うちの先祖の話になった。
    それ以来、なんとなく、家系ということが頭のどこかにひっかかっていた。

    自分もいい歳になってきて、過去を思いやることが多くなってきたということなのだろう。
    祖父、祖母や母ともっと話をしておけばよかった、という後悔もある。

    本書は、ふとしたきっかけから、
    著者が家系を遡っていく話である。

    戸籍簿の話からはじまって、
    お寺の過去帳などから、
    父方の先祖、母方の先祖を遡っていく。

    平氏の末裔か、源氏の末裔か、
    武士か、商家か百姓か。

    つながりがあると思われる方々との話によって、
    苗字にまつわる話、家紋にまつわる話、
    天皇家や神様にまつわる話などへ
    つながっていく。

    ご先祖様、とまではいかなくとも、
    数代遡ってみたくなるが、
    昔のことは、ネットを探すより、
    リアルを足で探した方がよくわかるようだ。

    そして、それはきっと早いに越したことはない。
    リアルを知っている方はどんどん亡くなっていく。

    けど、それを知ったところで、
    どうなるものでもないのも事実のよう。

    もっと祖父母たちと話をしたかった、ということの
    裏返しなのかもしれないし、
    そもそも男性は「家」に縛られるものらしい。

    [more]
    (目次)
    俺たち縄文人
    ご近所の古代
    爆発する家系図
    もやもやする神様
    ご先祖様はどちら様?
    多すぎる「高橋」
    たぎる血潮
    家紋のお導き
    とても遠い親戚
    天皇家への道
    またね、元気でね

  • 著者の本は、読んでも全然スッキリせず、それどころか読む前より世界がぼやけて見えてしまう。これもそうだ。まあ、現実ってそういうものなんだろう。村上春樹が著者の本の解説に「僕らが生きている困った世界」というタイトルをつけていたけど、まったくその通りなわけで、読後感はいつも「途方に暮れる」という感じ。これだけウケを狙わない(ように見える)書き手も珍しいなあ。

  • 著者が自身の先祖をたどるための旅に出ます。きっかけは同業者の先輩から「なんてったってお前は最後のジョウモンだからな」と突然縄文人呼ばわりされたため。そんな不思議なきっかけで始まった旅ですが、そのなかで著者が得たものとは・・・。家系という一番身近な歴史に目を向けてみるのもおもしろいかもしれません。

  • いやー、おもしろかった。自分も墓前で佇んでみよう。
    たしかに、日本人てほとんど共通の祖先がいるように感じる。
    なんか生まれてきてよかった。

  • 先祖を辿るとわかるいろいろな不思議や納得の事実とか、思いがけない人に思いがけない人とのつながりが!とか、そんな内容を期待したのだが、結局は著者の先祖探し。
    もともとは、歴史上の人物の末裔を取材するという趣旨だったらしいが、途中で路線変更してこのようになったのだそうだ。

    驚くべき何かがわかったわけでもないし、なんだかな、という感じ。
    奥様とのやり取りは妙に面白く、結構笑ったのだけれど…。
    今ひとつ物足りなかったかな。

  • ルーツ探しをしているので参考になるかと思って読んだけど、そうでもなかった。

全34件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ご先祖様はどちら様のその他の作品

高橋秀実の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大野 更紗
ジャレド・ダイア...
國分 功一郎
三浦 しをん
ウォルター・アイ...
村上 春樹
クリストファー・...
シーナ・アイエン...
有効な右矢印 無効な右矢印

ご先祖様はどちら様を本棚に登録しているひと

ツイートする