「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリー

著者 :
  • 新潮社
3.61
  • (108)
  • (175)
  • (178)
  • (55)
  • (8)
本棚登録 : 1307
レビュー : 245
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104738045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 禅問答のようにも読めるし、かなり優秀な高校生の悩んでいる青春とも読めるのが面白かった。

  • 開成高校と言えば、東大に一番多く合格する進学校として有名なのですが、実は一時期野球ももう一息で甲子園という時期があったらしくて、なぜ進学校でも強いのか?ということをレポートした一冊。

    もしかしてサッカーにも通用するかな?と思いましたけど、結論的にはそれはありませんでした。

    その奥義のいくつかは
    ・小細工をするな、大きい勝負に出ろ(下手なのは変えられない。思いっきりプレーすること)
    ・必要十分な練習を徹底的に追及する
    ・練習は仮説と検証の場
    という感じですかね。

    監督は学生時代のスポーツ活動を「ムダ」という言葉で表現していますが、いわゆる「生きていくためのムダ」ということなんじゃないかと。ムダなアクティビティも徹底的に追及して、全力をつかって対応していく。大人になると、生きていくために必死で、ムダな部分に対して毎日死に物狂いで全力投球することも、なかなかできない。それができるのは学生時代だけだと。

    この本に書かれていることは学生に対してのみならず、まだまだ現役と思っている自分も含めた諸氏に熱く語っているように思えました。

  • 弱者の戦術はとても斬新。
    野球部は特に(ネガティブな)スポ根イメージが強いがこの部なら楽しくやれそう。中盤、部員のインタビューは少し中だるみ。

  • (編集中)読みやすいし、監督と生徒とのやりとり(というか監督の叱責)が面白い!それも多分、著者の書き方がうまいのだろう。

    生徒も頭がいいのか堅いだけなのか・・・
    冷静に分析してるけど、嫌味っぽくない。

    ドサクサに紛れて勝つ方法は今も継続してるのかわからないけど、次回の高校野球は開成を応援したくなります。

  • 島根県ではなく、東京都の、東大合格者数日本一の、「あの」開成高校野球部のノンフィクション。

    運動能力が高いわけではないし、グラウンドは他の部との兼ね合いで練習も週に一度しかできず、本人たちが「僕たちは野球が下手です」と発言しちゃう・・・筆者の言葉を借りれば「下手なのである。それも異常に。」という超進学校野球部が、甲子園予選東東京大会ベスト16に入る!


    ここまで読むと「一体どんな戦術なんだろう?頭はいいんだろうからデータを駆使した堅実に1点を守り切るID野球かな?」とか考えてしまうが、その実は「どさくさに紛れて15-12で打ち勝つ野球」というはちゃめちゃな戦術。とにかく守備がド下手で守り切ることなんてできないし、戦術練習もしてないのでサインを出しても実践できないから、ほぼ全ての打席で「打て」。とにかく堅実とは正反対の、「ギャンブル」によって勝ち進むという独特の野球観をもった野球部です。

    「反省してもしなくても、僕たちは下手だからエラーは出るんです。反省したりエラーしちゃいけないなんて思うと、かえってエラーする。エラーしてもいい。エラーしても打ちゃいいやと思うとエラーしない。といってもエラーしますけどね。下手だから。」

    生徒のこの言葉を聞いて笑いがこみ上げてきました。開成高校野球部の戦術は「哲学」だ!笑

    2012年読んだ中ではもっとも面白いノンフィクションでした。笑いがこみ上げてくるけど、本人たちは大真面目に「どさくさ野球」を実践してくれるのでストレスが吹っ飛びます。お勧めです。

  • ブラッドピット主演の「マネーボール」という映画があり、メジャーリーグに新しい考え方を持ち込んで20連勝するという話。その日本の高校野球版と言える。練習時間が少なく、頭の回転の違う開成高校の生徒をいかに指導していくか、独特の理論がおもしろい。

  • 日本一頭のいい高校の野球部の面白い戦略に笑った。

    普通、勝つためには緻密な野球を作り上げていくのが王道だが、練習時間も選手の能力も無い開成には、この方法しかないのだろう。

    まったく新しい野球観を教えてもらった気がした。

    それにしても、開成高校生もちゃんと青春してるなぁ。 

  • 理屈って大切だなって思った。
    すべてがそうではないけれど、理屈が通ることで初めて意味がわかることって、教育的にもとても大切な気がする。

  • 開成高校野球部は、グランド練習は週一回。ナイター設備も無いから冬は少ししか練習できないし、定期試験1週間前から終了するまで練習は禁止。

    野球初心者も多く、練習での守備はエラーだらけ。打者はとにかくバットを振り回す。

    まるで野球漫画のようなチームが「甲子園を目指す」ために、監督が考え出したセオリーは独特。

    守備につく時、自信が無いから「球が来たらどうしよう」と思うのではなく、「球よ、来るな!!」と強い意志を持って思え、というのに笑ってしまった。

  • 本当に身も蓋もない言い方すれば、高校野球版「マネーボール」。持たざる者が知略を駆使して巨大な敵と戦うシチュエーションが大好きなら、野球に興味なくてもお薦め。著者の方の優しい人間性が、スポーツルポものにありがちな無根拠な上から目線とは縁遠く気持ちよく読めます。ただ…内容的なものと比べるとお値段が少々、高い(笑。開成高校野球部のみなさんが甲子園出場を叶えてからお値段据え置きで出してほしいです(笑。

全245件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリーのその他の作品

高橋秀実の作品

ツイートする