「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリー

著者 :
  • 新潮社
3.61
  • (108)
  • (175)
  • (177)
  • (55)
  • (8)
本棚登録 : 1303
レビュー : 245
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104738045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ここに出てくる生徒さん達の、著者からの質問への答え方がどうにも変。理屈っぽいわけではないのだけれど、 何かがズレているのか欠けているのか?
    比喩ではなく現実に歩いている時に目の前しか見ていなくて本当に視野が狭いらしく、危ないよ〜と心配になる。もっと広い意味でも視野の広い大人に成長してねと願う。
    しかし嫌な感じがしないのは、たぶん素直な子達なんだろうということがうかがい知れるから。

    牽制球でアウトになる様や、ランナーコーチがランナーにうまく指示を出せない様のくだりを読むと、失礼ながら「バカなの?この子達は頭がいいのだからもうちょっと何とかなんないかね?」と思ってしまうのだが、そこはしっかり監督が「これをバカと言わずして何と言う、バカ」「バカ集団」と連呼してくれているので読んでいて安心する。
    監督の言葉や指導の仕方が的確で、この子達の良さを引き出しているので、とにかくこの監督の監督っぷりが面白い。

  • 天下一の進学校、開成高校公式野球部の甲子園を目指すための型破りの戦略と、浮かび上がる開成生の思考と日常。
    これぞ日本版の「マネーボール」?!

  • ノーサインで大振りを徹底させる野球って魅力。開成は勝つためにやむなくそうしてるんだろうけど、小学生でもジュニアのうちは、(勝つためではなく楽しさを感じさせる目的で)同じ方法を採ってもよいのでは、と思いながら読みました。(レベルが、ジュニアの子と同じくらい、という感もあって)

  • こういう高校生活をしている人間たちが、東京大学に入るのですね。

    冷静に分析することが大事ですね。無理なものは、ムリ。できるものは、できる。ギャンブルしても、いいものはギャンブルする。

    国語も、良問であれば、解答に至るまでのプロセスは、確固たるものなんですが,,,

  • 勉強会の課題図書。

    進学校として有名な開成高校野球部の話。
    野球のやの字も出てきなそうなのに、大勝したりするという。

    週に一回しかグラウンドでの練習ができない開成高校。
    練習の量がどうしたって足りない中でいかにして質を上げるか、何に注力して練習するか。どうやったら勝てるか。

    守備は捨てる、攻撃に特化して大量得点をつけて勝つ。接戦での勝利なんていらない。
    監督が先導しながら、生徒一人一人が考えて、試行錯誤しながら(本文の言葉を借りるなら実験と検証を重ねながら)野球に取り組んでいく。


    こういう「一人一人が考えて行動する」「強豪校と同じ舞台で勝負しない」「いわゆる常識をもう一度見つめ直す」なんてことは、仕事だったり、日常でも活きてくる考え方だなと思った。

  • 面白かったが、面白さのピークは2章までかな。

  • もしかしたら勝つのではないか期待させてコールド負け、、考えすぎて一周余分にまわったような話だった。嫌いじゃない。

  • 現状の環境を分析し、勝つために何をすべきかを理論的に突き詰め、守備の練習を捨て打撃のみに集中し実践するやり方は非常に面白いし理にかなっている。仕事、勉強のやり方を考えるのにも役立ちそう。

  • 実に面白い。一気に読んでしまった。
    フルスイングするのって楽しい。
    何とか野球に参加できる環境があることに感謝したくなった。
    こんな監督さんがいる開成野球部員は幸せだ。

  • 上司が読んでおり、貸していただいた本。

    野球をしてきた私にとって、野球に対する持論はあるが、この本の言う内容に驚きつつ理解できた。

    練習が少ないからこそ、効率のよい練習をするのは当たり前。守り勝つ野球ではなく超攻撃型。エラーは当たり前。マナーを守ればOK。と信じられないことを言うが、それも理にかなっており、強さの秘訣なのだろう。

    野球に対する視野が拡がり、取り組み方を再考させられる著書であった。

全245件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリーのその他の作品

高橋秀実の作品

ツイートする