「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリー

著者 :
  • 新潮社
3.61
  • (108)
  • (175)
  • (178)
  • (55)
  • (8)
本棚登録 : 1307
レビュー : 245
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104738045

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 野球のルールが分からないので、読むのに苦労したが、常識と思わない、無い中からの活路を探すなど、興味深かった。

  • この高校生たちのロジカルぶりが面白い。監督お疲れさまだ。。。

  • 面白いです。野球も仮説と検証か。弱者の戦略とか人間心理とか考えさせられる。

  • 進学校である開成高校の弱小野球部が、なぜ強豪校相手に勝利をしたり、15-2の様な大量得点コールドゲームで勝利したりできるのか。
    著者が、実際に生徒に取材し、練習風景を見、そこで感じたことを率直に書いた内容になっています。

    生徒や監督の、自分自身やチームへ対する考察を読んでいると、「なんだか流石、頭のいい人たちは考えることが論理的だ…」と感じるのですが、
    読み進めていくうちに、そこまで理詰めで考えなくてもいいだろうに…とも思えてきて、その論理的な部分に納得しつつも、くすっと笑ってしまうようになりました。
    スポーツや部活動には、一般的に”熱意”や”根性”等といった、内面からあふれ出る気合的なものがイメージとして付きまとっているためか、
    彼らの、冷静で他人事のような物言いに、「おいおいそれでいいのか」と突っ込まずには居られないのだと思います。
    著者の語り口も軽妙で、そこがまた笑いを誘う。

    しかし、開成高校野球部への著者のまなざしは真摯であり、
    心から彼らを応援していることが伝わってきます。
    読み切る頃には、開成高校野球部のファンになってしまい、
    著者と一緒に、「がんばれ!」と彼らを応援してしまうようになるかもしれません。

  • 天下の開成高校野球部のドキュメント。すべてロジックで会話が行われる様子がおもしろい。途中ちょっと間延び感があったのと、案の定特に優れた結果も出ないのでドラマチックに終わっていく様子がなかったのもまた雰囲気が出ていておもしろかった。

  • 詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=8539

  • たぶん、開成野球部の面々は、運動神経がよくない。その中でどうやって甲子園を目指すか。弱いからこその戦略とは。監督である先生の指導というか、理論は独特で興味深かったです。突拍子もないことを言っているようで、でもなんだかそうすれば勝てる気がする。
    そして野球部のメンバーたちの受け答えもイチイチ面白い。野球って、そんなに考えこんでするスポーツなのか?確かに一流選手たちは色々考えているのだろうけれど、それよりはるか手前で禅問答をやっているような思考。ふと思い出したのは、新庄選手の「球なんで見えないですよ。ビュンってくるから、目をつぶってブンって振るんです」という言葉。それでメジャーリーグでいきなりホームラン売ったりするのだまら、たぶん根本的なところで彼らと違うんでしょう。彼らは彼らで、頭のイイコたちがどう考えているのかという視点でも面白かったです。野球に限らず、色々キーになる言葉があったと思うので、再読したい一冊です。

  • 開成野球部を取材してまとめたもの。

    母校ということを割り引いても面白い本だと思います。移動の電車で一気に読んでしまったが思わずにやついてしまった箇所多数。
    開成っぽさがよく出ている人物描写で、グランドとか坂とかいろんな記憶も蘇りました。
    まあ、ルポものですし、ストーリー性を求める人には物足りないかもしれませんが。
    とりあえず、卒業生は必読として、それ以外の人にもおすすめです。スポーツ指導者にも是非とも読んでほしい。

  • 新聞の広告かなんかでこの本を知っておもしろそうだな〜って思ったら、
    以前読んだ『はい、泳げません』と同じ著者なことに気付き、読むことに。

    上から目線でも下から目線でもなくて、
    相手に同じ目線でぐいぐい追ってるところが好き。
    迫ってるというか、どんどん聞いていく感じが。
    合間合間のとぼけたと言うか、軽いノリもとっつきやすい。

    こんな高校野球もあるんだなって驚きと、
    勝つために勝てる方法を考えるというむしろ原点なんじゃないかという納得感。
    開成高校野球部のセオリーは、とにかく興味深い。なるほどって目から鱗。

    想像する高校野球の話ではなく、
    タイトルそのまま【弱くても勝てます】なお話。
    いや、弱くても勝てるかもしれないお話。
    いや、弱くても弱いなりの方法で勝てるんだってお話。
    勝ってくれたら、高校野球がまた違う角度でおもしろいって思える!


    参加することに意義がある。
    結果より過程。
    とはいうけれど。。。
    でもやっぱり勝つからおもしろいんだ!

  • 開成高校野球部は週一回の練習ながら2005年東京都でベスト16に入ったこともあり、今年もベスト32になっている。

    では緻密な頭脳野球をやるかと言うとむしろ逆。まともな野球の勝負になると練習をしている高校には勝ち目がない。狙いはドサクサ紛れに大量点をとる大味ゲームなのだ。ブルーオーシャンと言って良いのか?

    エラーは開成の伝統。1点差を守り切る様なものは目指していないので、取れる範囲のゴロをアウトに出来ればOK。
    ピッチャーの条件はコントロールが良いこと、ど真ん中に投げれれば充分でフォアボールの連続では相手に失礼と言う程度だ。
    バッターはとにかくフルスイング、2番が最強で下位打線が出塁し相手ピッチャーが慌てた隙にたたみかけて大量点をとるのが理想。
    守備位置もゴロが怖い選手は外野を守るなど。

    選手とのインタビューが面白い。みんな客観的に自分を分析しながらどこか人ごとの様でもある、しかも著者までがそのペースに巻き込まれ何ともゆるい空気が行間に溢れている。開成の伝統は自主性と自立なのだが監督に言われるがままでいろいろ準備ができていない。選手間のコミュニケーションもだめだし、理論的に考えるのだがぐるぐる同じところを回ってたりもする。

    読んでると大丈夫かこいつらと思うのだが、ドサクサに力を発揮する。なかなかやる。

    弱くても勝てる、目指しましょうw

全245件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリーのその他の作品

高橋秀実の作品

ツイートする