「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリー

著者 :
  • 新潮社
3.61
  • (108)
  • (175)
  • (178)
  • (55)
  • (8)
本棚登録 : 1307
レビュー : 245
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104738045

作品紹介・あらすじ

時間、グラウンド、施設-すべてが足りない!超進学校が考えた常識破りの方法とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • え、野球って、こういう競技だったっけ?
    と随所で思わせる。開成の高校生たちの思考回路が面白い。

  • 開成野球部が前より強くなった(けどやっぱり大して強くない)理由
    強豪高校とは違う方針(打撃に重点を置く)を採用した
    そういうのでも、ある程度は通用するということらしい

  • 小説ではなくノンフィクション。
    ドラマでは福士蒼汰さん演じる赤岩くんが言った「苦手と下手は違う」は今でも私の心のバイブルだ。

  •  超進学校として有名な開成高校。
     そこの硬式野球部を取り上げたルポ。
     ただし、練習量は絶対的に少なく、ガツガツした熱意も足りない(ように見える)彼ら。甲子園は「行けたら嬉しい」と述べる。
     そんな彼らは、あっと驚く戦略で、ときどき勝ってしまったりもする…

     よくいえば「論理的」、ヘタすると、「そんな理屈こねてないではよ練習しよ!」と言ってしまいたくなる彼らの真摯な「理屈」が読めてクスッとします。
     野球理論だけにとどまらず、将来の事や、「苦手」と「下手」の違いについてまじめに述べるなど、フツーの高校生がしないような世間話が間に挟まって面白いです。

     彼(2年生の林君)によると、文系科目は暗記の積み重ねが必要なので守備に似ているという。一方、理系科目は公式などのコツさえつかめば一気に伸びるので打撃に似ており、それゆえ彼は理系科目が得意らしい。

  • ノンフィクション作家による、開成高校野球部の取材記録。小説新潮に連載されたものをまとめた本。頭はいいが練習量が少なく、必要十分な練習しかしていないが、名監督の下のびのびと試合をして、そこそこ勝っているところが面白い。取材量が豊富で、選手や監督に焦点を当てた味のある内容となっている。ぜひ、東京六大学野球東大版も作ってほしいものだ。
    「そもそも彼らはキャッチボールでもエラーするので、遠くで眺めている私も危なくて気が抜けない」p12
    「すごく練習して上手くなってもエラーすることはあります。逆に、下手でも地道に処理できることもある。1試合で各ポジションの選手が処理する打球は大体3~8個。そのうち猛烈な守備練習の成果が生かされるような難しい打球は1つあるかないかです。我々はそのために少ない練習時間を割くわけにはいかない」p20
    「(追いかけなければ取れないような)そういうゴロは、ウチでは例外と考えます。捕らなくてもいいんです」p34
    「(ピッチャーへの監督指示)一生懸命投げようとするな! コントロールしようとするな! 厳しい所に投げようとするな! 抑えようなんて思うな! 甘い球を投げろ!」p50
    「お前達は打席で何してるんだ? 打席でヒットを打とうとしている? それじゃダメなんだよ! 何がなんでもヒットじゃなくて、何がなんでも振るぞ! だろう」p51
    「上手くなって勝とうとするのではなく、下手は下手で勝つのだ」p52
    「確率でいえば守備のほうは9割9分ですが、バッティングは3割ですからね」p68
    「このチームは本当に必要な練習しかしない。例えば、ダブルプレイは必要以上だから取らなくてもよい」p142
    「そもそも野球は味方同士のコミュニケーションを図ることが目的ではなく、敵のコミュニケーションを読み取り、破壊する競技なのだ」p167
    「開成の場合、大切なのは打たれないことより、確実にストライクを入れてゲームを壊さないこと。つまりマナーが重要」p175
    「思い切り振って球を遠くに飛ばす。それが一番楽しいはずなんです。生徒たちはグラウンドで本能的に大胆にやっていいのに、それを押し殺しているのを見ると、僕は本能的に我慢できない。たとえミスしてもワーッと元気よくやっていれば、怒れませんよ。のびやかに自由に暴れまくってほしい。野球は、「俺が俺が」でいいんです」p190

  • 開成高校野球部の取材記。にの主演ドラマにもなった。

    ・開成高校の前身学校は東京大学予備門として設立された。
    ・なめられていいことはない。油断されるならつけいることもできるが、なめられると相手は楽な気持ち。いいことなし。
    ・ムダだからこそ思い切り勝ち負けにこだわれる。

  • まあ、普通。

  • 平成25年3月発行のYAだよりで紹介された本です。

  • 「涼しいからこのポジション」と語る外野手。投手は「投げるだけでいいから」と語る。熱血高校球児の欠片も無い。そしてそれがまた良い。何事にも論理から入る開成高校の面々。憎らしいぐらいに自己分析が出来ている。応援したくなるチームだ。

  • 毎日猛練習をしても、打率はせいぜい3割にすぎない。ストライクゾーンが決まっているのだから、週一の練習でも、そこに思い切りスイングする開成高校の練習で必要十分である。そして、事実としてそれで野球エリート校と互角の勝負ができることに驚いた。少年野球の練習で野球が嫌いになった僕でも、こんな練習方法なら、野球好きになったかもしれない。本書を通じて認識させられるのは、運という要素に左右される野球と言うスポーツの特殊性である。そのような特殊なスポーツを多くのスポーツエリートにさせている日本の特殊性とも言うべきか。

全245件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家。1961年、横浜市生まれ。東京外国語大学モンゴル語学科卒。テレビ番組制作会社勤務を経て、作家に。開成高校野球部の奮闘を描いた近著『弱くても勝てます』がベストセラーに。
『ご先祖様はどちら様』で小林秀雄賞受賞。

「2015年 『損したくないニッポン人』 で使われていた紹介文から引用しています。」

「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリーのその他の作品

高橋秀実の作品

「弱くても勝てます」―開成高校野球部のセオリーを本棚に登録しているひと

ツイートする